貯金2000万円への道

20年間手取り18万円でも貯金2000万円を達成できた道のりを綴ったブログ!

車を手放したら年間50万円以上の節約になりました

どーも、あびパパです。

本日は『車を手放したら年間50万円以上の節約になりました』という記事をご紹介します。

わたしはもともと北関東出身で車を10年以上所有していたんですが、東京都心へ引っ越したのち結婚をしたことを機に車を手放しました。

それにより、年間50万円以上の節約になりましたのでその詳細をお伝えしたいと思います。

この記事を見ることで、いかにして車にお金がかかってしまっているのかがわかります。

また、車を持たないことでお金を他のことに使えるというメリットがあります。

現在、車を所有している人や新しく車を購入しようとしている人が車を手放すことで、他のことにお金を使って人生を楽しんだり、貯金が増えるきっかけになる記事でもあるため最後まで必見になります。

現在わたしは43歳なんですが、18歳で免許をとり35歳のときに車を手放しました。

その理由は、妻と結婚し都心まで快速電車でいける東京郊外の駅近に中古マンションを購入したからです。

また、現在2人の子供もいますから、これからの教育費などの出費を考えて車を手放すことにしました。

車を手放したら年間で50万円以上の節約になった理由は次の3点です。

①車の購入費用がかからない
②車の維持費がかからない
③駐車場代がかからない

①車の購入費用がかからない

まず、1つめの車の購入費ですが、1500ccくらいのコンパクトカーの購入でおよそ200万円くらいですかね。

これを10年に一度買い換えるとなると年間で20万円くらいは支払うことになります。

これがミニバンなどのファミリーカーとなれば250万円から300万円になりますし、7年くらいで買い換えるとなると1年間にかかる費用はもっと高くなります。

このように、わたしは車の購入費用がなくなったことで、安く見積もっても年間で20万円は節約できるようになりました。

わたしは人生の中で家と車にさえ多額なお金をかけなければ、がむしゃらに働かなくてはいけないというお金に縛られた人生を歩まなくてすむと考えています。

家と車の購入はたいがいローンを組みますよね。

この"ローンの支払いがある"というのが、稼がなきゃいけないという精神的縛りにるので個人的にはこれが嫌で車を手放したという理由もあります。

②車の維持費がかからない

車を持たないことで車検代・自動車税・保険料・ガソリン代などの車の維持するための費用がかかりません。

毎月の貯金額を少しでも増やしたいと思ったときに、これらの車を維持するためのお金だけで年間で軽く20〜30万円がなくなるというのは正直痛いです。

わたしは以前、2000ccの車を所有していたのですが、2年に一度の車検でおよそ20万円、1年に一度の自動車税でおよそ4万円、保険料が3万円、ガソリン代がおよそ年間8万円かかっていました。

車検を1年換算にして10万円とすると、これらの維持費だけでおよそ25万円かかっていたわけです。

せっかくボーナスが出たとしてもこれらの維持費でお金がなくなるのも寂しくないですか。

わたしも妻も旅行が独身時代からの趣味ですので、"旅行にいき続けられる人生を"というのを家族のテーマとして考えています。

ですから、これらの車にかかる費用を浮かせて旅行することを優先的に考えるようになりました。

③駐車場代がかからない

駐車場代については住む場所により、価格の違いがあると思います。

わたしの場合、マンションの駐車場を契約する場合、毎月13,000円がかかります。

マンションの駐車場が高かったため、近くの民間駐車場に月極7,000円で契約していた時期がありますが、年間にすると84,000円がかかっていたことになります。

ちなみに、一軒家の方なら駐車場は無料になると思いますが、そもそも都心近くの一軒家購入は土地代が高いという問題があります。

車にかかっていた年間費用の総額

では、わたしが車を所有していたときに、年間にかかっていた金額をまとめてみます。

1つ目の車の購入費用を年間20万円かかると仮定し、2つ目の車の維持費で年間25万円、そして3つ目の駐車場代84,000円を合わせると年間でかかる総額は53万4千円です。

そして、車を手放したため、現在はこの車にかかっていた費用がなくなり50万円以上の節約ができるようになりました。

年間にかかる費用は車種や住む地域により差はありますが、車を所有するかしないかでお金の支出が大きく変わるということはおわかりいただけたのではないでしょうか。

地方にお住まいで車を手放せない人

とはいえ、『車がないと生活できないところに住んでいるため、手放すことなんてできないよ』という人もいるかと思います。

そういう人にとって車は生活必需品ですから、手放せないのは理解できます。

それでも、もし可能であれば次の方法を考えてみてはいかがでしょうか。

例えば、夫婦ともに車を所有しているなら、1台にできないか検討してみる。

また、極力コンパクトな車に乗り換えることで、維持費を安くしていく。

または、バイクに切り替えるという選択も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

実はわたしは車を手放したと同時に原付バイクを購入しました。

わたしはサラリーマンでありますが、会社への通勤は電車とバイクを利用しています。

会社がある最寄りの駅まで電車で向かい、10分ほどかけてバイクで会社に向かっています。

雨の日や寒い季節は大変ですが、毎日乗っていると慣れてしまいます。

125cc以下のバイクだと車検もありませんし、燃費もよいため車と比べたらまったく維持費はかかりませんのでおすすめです。

必要なときだけ車を使う

ちなみに、あびパパ家では、車で遊びに出かける時や実家へ帰省するときはレンタカーを利用しています。

他にもカーシェアリングやタクシーを利用することもあります。

もしあなたが"必要な時だけ車を使う"ということができる環境に変えられるのであれば、それが一番車にお金をかけなくて住む方法です。

とにかく車は便利ではありますが、金食い虫なことは確かですので、車を手放せないものかと検討するきっかけになれば幸いです。

まとめ

いかがでしたか?

車を手放したら年間で50万円以上の節約になった理由は次の3点です。

①車の購入費用がかからない
②車の維持費がかからない
③駐車場代がかからない

最後にわたしには好きな言葉があります。

それは、『持たない贅沢』というものです。

わたしは若いとき、モノを持つことが贅沢と思っていました。

しかし、今ではモノを極力持たず、『モノを買うよりも楽しむことのためにお金を使う』ということこそが贅沢であると考えています。

なぜなら、それこそが人生をより豊かにしてくれる幸せなことではないかと思っているからです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました(〃ω〃)