貯金2000万円への道

20年間手取り18万円でも貯金2000万円を達成できた道のりを綴ったブログ!

ストレスを減らすと確実に貯金が増える5つの理由

どーも、あびパパです。
本日は『ストレスを減らすと確実に貯金が増える5つの理由』をご紹介します。

この記事を見ることで、ストレスを抱えた状態というのがいかに人生の損失であるということがわかります。

ストレスで出費が増える5つの理由を理解し、ストレスを減らすことができれば、確実に貯金も増えます。

そして、ストレスとの上手な向き合い方、解決策が見えて来るため最後まで必見になります。

なお、この記事を動画でご覧いただきたい人は以下のYou Tubeチャンネルからご視聴いただけます。


ストレスを減らすと確実に貯金が増えます!
なぜなら、ストレスが増えると無駄な出費が増えるからです。

主な理由は以下の5つです。

①お酒やタバコが増える

ストレスで出費が増える5つの理由として、まず一つ目に、『お酒やタバコが増える』ということがあります。

お酒やタバコが大好きな人は、少なからず経験があるのではないでしょうか。

"ヤケ酒"なんて言葉がある通り、ストレスが溜まるとお酒を飲んで解消しようとする人がいます。

お酒は美味しく適度に嗜むには、人生を豊かにしてくれる飲み物ではありますが、飲みすぎてしまうと身体によくありません。

そして、飲み過ぎるということは身体に悪いだけではなく、出費もかさみます。

タバコにも同じことが言え、今では一箱500円くらいするタバコを吸い過ぎるということは、それだけ余分にお金を使ってしまうということです。

一日一箱吸うと過程すると、30日で15,000円の出費はなかなか高額ですよね。

②衝動買いが増える

続いて二つ目の『衝動買いが増える』についてです。

人間の脳というのは、買い物をすると報酬系と言われる部分が快楽を得て喜びを感じます。

報酬系とは、何か心地よいことが起きた時に活性化し、人間や動物に「快感」を感じさせる脳内システムのことです。

しかし、注意していただきたいのが買い物で得られる快感というのは、短期的報酬と呼ばれるもので一瞬でしかありません。

何かの目標を努力して達成したり、誰かの役に立ち褒められたときなどに得られる人間的報酬とは大きく異なります。

ストレスを抱え過ぎると、それを解消したいがために脳が報酬系を欲しがります。

そのとき、スマホでポチッと買い物ができてしまう現代社会では短絡的に報酬を獲がちになり、それだけ出費も増えることになります。

本当に欲しいもので、自分にとって必要な買い物はよいのですが、感情をコントロールできずに衝動買いが続くとお金は一向に溜まりません。

③暴飲暴食が増える

三つ目は『暴飲暴食が増える』です。
お酒が増えると同様に、飲むだけではなく、たくさん食べることでストレスを発散する人もいます。

先ほどご説明したように人間の脳には報酬系と呼ばれる脳内システムがあります。

この"食べること"は動物的報酬に含まれ、人が生きていく上で欠かせないものです。

ですから、本能的に食べることでストレスを解消しようとする人も多くなるわけです。

甘いものばかり食べすぎてしまえば糖尿病にも繋がり得ますし、塩辛いものばかり食べすぎてしまえば高血圧になるリスクも高まります。

そして、肥満になるだけでなく食費の出費も増えます。

暴飲暴食は病気リスクと出費がかさむというダブルパンチになるため注意が必要です。

④外食費が増える

四つ目の『外食費が増える』についてですが、こちらは暴飲暴食というよりは、『ランチやお酒を飲みながら友人に愚痴不満を聞いてもらいたい』という心理から外食費が増えるということです。

ストレスが溜まるとそれを発散するために、友人にあれもこれも聞いてもらいたいと思って、愚痴不満を話してしまうという経験はございませんか?

わたしも20代のころは、愚痴不満を友人に聞いてもらうという経験がありました。

しかし、今では愚痴不満を口にするというのは自分の人生にとって マイナスでしかないと気づいているため口にしないようにしています。

⑤医療費が増える

最後に五つ目の『医療費が増える』についてです。

人はストレスが強くなればなるほど身体に異常をきたします。

例えば、日本人に多い症状として胃が痛くなるということがあります。

また、ストレスにより精神疾患を患ってしまう人も現代社会では多いのが実情です。

そうなってくると、通院費やお薬代などの医療費が増えるため手痛い出費にも繋がります。

このようにストレスが増えると身体にとって悪いだけではなく、お金の面でも支出が増えるためなるべくストレスは軽減していきたいところですよね。

ストレスを解消する方法

とはいえ、『ストレスを抱えたくて抱えているわけじゃないよ』『ストレスがない人なんているの?』『ストレスを解消する方法が他にあったら教えてよ』というご意見があると思います。

シンプルに好きなことをすること

これに対して、ストレスを発散するために、ストレスとの上手な向き合い方や解決策は、ずばり『自分にとっての楽しいことや趣味などをとことん追求する』『シンプルに好きなことをする時間を作る』ということです。

なんだ、そんなことかと思われるかもしれませんが同時に意識して欲しいことがあります。

それは、先ほども触れました通り、愚痴不満やマイナスの言葉を口にしないということです。

人は、今日悩んでいる悩みは明日も悩んでいます。

愚痴不満やマイナスの言葉というのは、自分の耳にも入ってきます。

愚痴不満やマイナスの言葉ばかり発していると、負のスパイラルへ陥りますので注意が必要です。

愚痴不満が増えると幸福度が下がります。これは人生最大の損失ですし、その時間がもったいないです。人生という時間は二度と戻ってきません。

悩みを解決するには行動に起こすしかない

悩みを解決するためには行動に起こすしかありません。

例えば、職場で嫌な人がいてストレスがあるという場合、退職をしたり異動したりしてその人と、かかわらなくなることでストレスは解消されると思います。

なぜなら、ストレスの根本的原因の嫌な人と離れられるからです。

しかし、実際にはそう簡単に仕事を辞めたり異動とはいきませんよね。

ここでいう行動に起こすというのは、自分にとっての楽しいことや趣味などをとことん追求することや好きなことをするということです。

そうすることで、人が持つ報酬系の脳システムが働きストレスが解消されていきます。

『自分にとって本当に楽しいことってなんだろう』と常に意識するとよいと思います。

繰り返しますが、休みの日にせっかく友人とランチをしているのに、職場の嫌な人の話をしているのでは時間がもったいないです。

とにかく、自分の人生を楽しい時間で埋め尽くせるよう意識を変えましょう。

好きなことを見つけるヒントは子供のころにある

特に趣味がないという人も今からでも遅くありません。

子供のころ好きだったことを思い出してみるとヒントになります。

わたしの場合は、小学生のころから野球をしていたこともあり、身体を動かすのが好きだったので、現在のストレス解消法は運動をすることです。

また、旅行も好きなので現実に行けるかどうかは別として、行ってみたい場所や国のことをリサーチしている時間が楽しみでもあります。

今から新しい趣味を考えている人は、なるべくお金がかからない趣味を持つと経済的にも助かるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

ストレスが増えると無駄な出費が増えるため注意が必要です。

ストレスを減らすと確実に貯金が増える5つの理由

①お酒やタバコが増える
②衝動買いが増える
③暴飲暴食が増える
④外食費が増える
⑤医療費が増える

同じお金を出費するのであれば本当に自分にとって楽しいと思えることに使いたいですよね。

ストレスと上手に向き合い自分にとって好きなことっていうのを常に意識して生活するとよいと思います。