未来はいまの積み重ね

二児の父親あびパパが「子供をメシが食える大人に育てる」ブログ

キッズフル市川に4歳の子供とおでかけ!施設の詳細や料金50%オフのお得なクーポン情報、注意点や遊びに行ってよかったと思う10個のことをご紹介します!

どーも、あびパパです。

4歳の長女と屋内で遊べるキッズフルに行ってきたので、混雑状況や施設の詳細、お得なクーポンなど感想や注意点をご紹介したいと思います。

滑り台やボールプールなど大きな遊具で遊べるのはもちろん、スタッフが常駐しているのも安心できます。

遊びと学びが満喫できるキッズフルの魅力をお伝えします。

キッズフルへのアクセスと注意点

キッズフルはJR総武線市川駅北口から徒歩1分、市川ビルの8階にあります。

市川駅は快速停車駅でもありますので、電車がおすすめになります。

車でお越しの際は、2点ほど注意が必要です。

ひとつは、国道14号がメインとなりますが、平日・土日祝日問わず渋滞が発生すること。

ふたつ目は市川ビルには車専用の駐車場がありません。駅前ですから、タイムズなどのコインパーキングはたくさんありますが、すべて有料になります。

市川駅構内にあるシャポー市川というショッピングセンターの駐車場であれば、お買い上げ2,000円以上で1時間無料、お買い上げ5,000円以上で2時間無料になります。


キッズフルの営業時間や料金プラン


利用するには会員登録が必要(登録無料)

生後6か月の赤ちゃんから9歳までの子供がご利用できるキッズフル。

キッズフルの営業時間は平日は10時30分から18時まで、土日祝日は10時から18時までです。

キッズフルを初めて利用する場合、会員登録が必要です。登録の際には、免許証や保険証などの証明書が必要なので忘れずに持参しましょう。

まずは受付に並び、スタッフからご利用にあたっての注意事項の説明を受け、申込書に必要事項を記入します。

登録時の費用や年会費はかからないのでその点は嬉しいですね。2回目以降、会員カードを忘れた場合でも、その旨をスタッフに伝えれば、お名前で検索し入場できるのでご安心ください。

料金プランは2パターン

気になる料金は、30分単位ごとの料金である「基本プラン」と1日遊び放題の「フリーパスプラン」があります。

「基本プラン」は、はじめの30分400円・以後30分ごとに200円になります。

一方の「フリーパスプラン」は平日800円、土日祝日1,000円です。

平日は90分以上、土日祝日は120分以上であれば、「フリーパスプラン」がお得になります。

注意しなければならないことは、「フリーパスプラン」には1日の発行枚数に上限がありますので、特に混み合う土日祝日は営業開始時間からの入場をおすすめします。

ネックなのは、大人も子供も同一料金がかかること。

例えば、家族4人で土日祝日「フリーパスプラン」だと、4,000円になります。

大人1人につき、子供3人まで入場可能なこと、大人は交代が可能(フリーパスプランのみ)なことから、パパとママは上手に入れ替わるのもひとつの策かもしれませんね。

また、「フリーパスプラン」の場合、途中の入退場も可能になります。

お得なクーポンを使って入場しよう

初回時はお得なクーポンを使って入場しましょう。

LINE登録で、大人の料金が50%オフになりとってもお得です。

土日祝日フリーパスプランであれば、親子2人で2,000円のところ、1,500円で1日満喫できることになります。

キッズフルをLINE登録すると以下のようなメッセージが入ります。

この画面をスタッフに見せることで割引が受けられますので簡単です。

ちなみに、キッズフルのお会計はすべて後払いになり、今のところ現金のみの取り扱いです。

入場口ではペッパー君がお出迎えをしてくれます。


子連れに嬉しい設備やサービスが充実

キッズフルは、子連れに優しい設備がひと通り揃っています。

受付の手前に、ベビーカー置き場があります。


入場し、靴箱に靴を置いたあとは、バスケットに荷物を置くことができます。

財布などの貴重品は暗証番号付きの小型ロッカーへ入れましょう。

おむつ替えスペースや授乳室もあります。

こどもトイレも充実しています。

男の子の小便器用も完備。
洗面台の高さも子供向けです。

また、おむつが足りなくなったときは、販売もされております。パンツも販売してますので、予定外のお漏らしには強い味方です。

飲食の注意点として、離乳食以外の持ち込みは禁止となっております。

飲食をする際は、キッズフル内にあるカフェエリアをご利用することになります。

カフェエリアのメニューをご紹介

キッズフル館内に、カフェエリアが併設されています。

赤ちゃんにも優しい、クッションフロアや椅子も用意されていますので安心して利用することができます。

ご利用方法は、カウンターにて注文します。

お会計は後払いのため、入場時に受け付けた番号をお知らせします。(保護者は受付の際、番号付きの札を首にぶら下げて入場します。)

こちらは、メニュー表。
メニューも豊富ですし、ソフトドリンクは100円で購入できます。

ランチタイムは11時から15時まで。
子供には、カレーライスやキッズプレートが人気のようです。

大画面テレビにもメニューが表示されています。

あびパパ親子は、焼うどんとおこさまカレーを注文しました。

気になる味はというと、充分に満足できるクオリティでした。

失礼な話ですが、こういった施設に併設されているカフェって値段の割に満足できないことが多かったのですが、飲食持ち込み禁止にしているだけあって、普通に美味しかったです。

個人的には、注文したアイスコーヒーがめちゃくちゃ美味しく感じましたが(笑)

遊べる5つのエリアをご紹介

キッズフルは、5つのエリアで遊ぶことができます。

アスレチックマウンテン

入場口を入ると、アスレチックマウンテンエリアがあります。

からだ全身を使った遊びで、ひとつひとつ判断する楽しさを味わうことができます。

最近、流行りのボルダリングがあるのも嬉しいところ。

上手な子は、積極的にチャレンジしていますね。

うちの娘にもチャレンジして欲しかった(泣)

こちらは、ターザンブランコ。
子供がボールに飛び乗ったあと、大きく揺らしてあげると喜びます。

屋外の公園では、あまり見かけない遊具なので楽しさ倍増です。

イエローブリッジと呼ばれるアーチ型の橋もあります。

イエローブリッジを超えると・・・

トンネルがあります。

トンネルを抜けた先には、海のプール、スマイルオーシャンエリアへ抜けることができます。

年長さんともなると、黄色い鉄棒をぶら下がりながら、このトンネルを抜けている子も!

うちの娘は慎重派です(笑)

スマイルオーシャン

スマイルオーシャンエリアは、子供が大好きなボールプールゾーンです。

ちょっとレアなボールも隠れていて、子ども心をくすぐります。

なかなかの広さの海原。
10時開店直後なので、混雑もしていませんでした。

海賊船の滑り台は子供に大人気です。

なかなかの迫力。

赤ちゃん向けの滑り台もあるのが嬉しい。
ウレタン遊具に乗って楽しむこともできますよ。

バイキンマンボールもありました。

バスケットリングや丸い穴にボールを投入!
これは、大人も楽しめる(笑)

海賊船はこんな感じです。

やはり、子供たちはボールプールが好きですね。

スマイルオーシャンエリアは広いので、大人も一緒に入って楽しめるのもよかったです。

アクティブフィールド

アクティブフィールドはその名の通り、身体をめいっぱい動かして遊べるエリアです。

柔らかなマットの上を走ったり、でんぐり返しをしたりして楽しめます。

人が少ない時間なら、赤ちゃんのハイハイにもいいですね。

遊具を組み合わせて遊ぶのも楽しい!
この上を歩けばバランス感覚も養えますね。

アクティブフィールドでは、ほぼ毎日イベントも開催されています。

この日は、11時30分からハッピージャムジャム体操、14時30分からたこやきマントマン体操が行われていました(^^)

アクティブフィールドにはキューブベースもあります。

キューブベースは手足をしっかり使って、登ったり潜ったりできる立体型の迷路のような遊具です。

「遊びの中で、脳が育まれる」

まさに、そんな遊具です。


フルフルグラウンド

フルフルグラウンドは、乗り物に乗りながら遊べるスペースやさらさらの砂場があるエリアです。

男の子は乗り物が大好き。

こちらは、フルフル砂場。

室内でも安全に遊べる砂場です。

なぜか、大きなマカロン

抱えたくなる気持ちわかります(笑)

かわいいアイテムの型ぬきも楽しめます。

さらさらタワーと勝手に命名(笑)

砂場から出るときは、専用のほうきでよく砂をはらいましょう。

わたしの4歳の子供でも、長時間におよび遊んでいたフルフル砂場。

写真は開店間もなく人も少ない時間でしたが、お昼過ぎのフルフル砂場は大人気!

子供たちいっぱいで溢れていました。

お山をつくったり、ショベルで砂を救ったり、乳幼児でも楽しめる砂場は魅力満載です。

南国の白浜に来たかのような、さらさらな砂なので大人にとっても新鮮な砂場ですよ。

ベビー&トイガーデン

ベビー&トイガーデンでは6か月の赤ちゃんも楽しむことができるエリアです。

ベビーエリアでは、乳幼児向けの玩具もあり、ハイハイしている赤ちゃんでも安心して遊べます。

アンパンマンのぬいぐるみや小さな滑り台もあります。

ままごとハウスではお料理もでき、特に女の子には嬉しい場所。

豊富なキッチンの数々。

料理の完成です。
なぜか、わたしの娘は海老をたくさん盛り付けました(笑)

衣装替えができるコーナーもあります。

衣装を着て写真撮影もできます。
衣装を着たまま遊ぶのは注意してくださいね。

その他にも、知育トイなどがたくさんありました。

こちらは木の玉を転がすと、音楽が奏でられます。

木のおもちゃって素敵ですね。

キツツキがいる大木もありました。


まとめ

いかがでしたか?

キッズフルは乳幼児の五感を刺激し、遊びの中で身体や脳を楽しみながら鍛えることができる場所だと感じました。

あびパパがよかったと感じた10個は以下の通りです。

POINT

① 遊びながら身体を鍛えられるところ
② 遊びながら脳を鍛えられるところ
③ 授乳室や子どもトイレなど設備の充実度
④ 雨天や気温などに左右されないところ
⑤ フリーパスプランなら出入り自由なところ
⑥ 親の途中交代ができるところ
⑦ スタッフがいて安心なところ
⑧ おもちゃの種類が豊富なところ
⑨ 食事が美味しかったところ
⑩ なによりも子どもが楽しそうだったところ

あえて言うならば、大人料金か子供料金のどちらかは半額にして欲しーなー

だって、必ず親の付き添いが必要なわけですからね。

料金的に平日に行ける方はそちらをおすすめします。

また、混み具合を考えると開店時刻から入るか、15時以降に入ると空いていますよ。

暑い日や寒い日、また雨の日などは特に有難いキッズフルで子供と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。