未来はいまの積み重ね

二児の父親あびパパが「子供をメシが食える大人に育てる」ブログ

【我孫子市から30分圏内】子どもにおすすめの屋内施設4選!子どもは年中からだを動かそう!

どーも、あびパパです。

わたしには3歳7か月になる長女がいますが、とにかく身体を動かすのが大好きです。

嬉しい反面、親として悩みもあります。

子どもは年中、公園で遊びたいと思うわけですが。。。

近年の夏は暑すぎるし、冬は寒すぎる!

というわけで、親のわたしが公園に2時間も3時間もいることが耐えられない(笑)

また、夏は熱中症・冬は感染症と子どもの体調面にも気を使います。

そこで、

わたしは自宅から通える範囲で子どもが遊べる屋内施設を有効活用しています。

屋内でありながら、すべり台があったりさらさらの砂場があったりなど子どもが楽しめる遊具が盛りだくさん。

この記事では、わたしが住む千葉県我孫子市から通える範囲でおすすめの屋内施設をまとめてみました。

全国展開しているギッズパークもありますし、読者様の住むお近くの屋内施設をチェックするきっかけになれば幸いです。

取手ウェルネスプラザ(取手駅


いきなり茨城県の施設で恐縮ですが、あびパパ親子がもっとも利用している屋内施設です。

取手ウェルネスプラザは取手駅西口徒歩1分の場所にあります。

キッズプレイルームのほか、トレーニングジム、貸ホール・貸室などがある複合施設です。

キッズプレイルームは0歳6か月〜小学生までが対象です。

嬉しいのは利用料金が極めて安いところ。

ほとんどのキッズパークで付添人の親も料金がかかりますが、取手ウェルネスプラザのキッズプレイルームは子どものみ。

しかも、1時間100円。
1日フリーパスは300円です。
(春休みなどの混雑時は制限あり)

目玉となる遊びはエアキャッスルと呼ばれる大きなトランポリンのような遊具。

わたしの娘も思い切りジャンプできるのが楽しいようです。

そのほか、すべり台やごっこ遊びができるキッチン、絵本コーナーもあります。

娘が小学生になったらボルダリングもさせたいと思っているのですが、その前段階のよい経験となるクライミングコーナーもあります。

はいはい時期の赤ちゃんも遊べるベビーガーデンコーナーもありますのでおすすめですよ。

取手ウェルネスプラザ公式ホームページ

取手ウェルネスプラザは、子どもが参加できる料理教室も定期的に開催されているので、あびパパ家族はこれからもお世話になるであろう施設です。

なお、取手ウェルネスプラザは公共施設でありますが、シダックスグループとコナミスポーツ共同企業体を設立し、指定管理者として施設受託運営をしています。

チコル☆パーク(柏の葉キャンパス駅


チコル☆パークは、つくばエキスプレス柏の葉キャンパス駅から徒歩3分。パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワーウェスト3Fにある複合施設のひとつです。

娘のチコル☆パークでの最大の楽しみは、木製ジャングルジムをくぐり登ったあとに待つ大型のすべり台。

すべった先にはボールプールが待っていて、子どもは大喜びです。

ほかにも、ボルダリング遊びや知育おもちゃで楽しむことができます。

なお、チコルは7つの機能がひとつのフロアにあることが最大の魅力です。

わたしも柏の葉キャンパスで子育てをしていたら、チコル☆アフタースクールやチコル☆キッズバルはきっと利用していると思います。

詳しくは下記をご参照ください。

チコル総合サイト

キッズフル(市川駅

キッズフルはJR総武線市川駅北口近く、市川ビル8Fにある子どもが遊びを全力で満喫できる屋内施設です。

キッズフルには遊べる5つのエリアがあります。

娘の1番のお気に入りはアスレチックマウンテンと呼ばれるエリア。

手や足を使って登ったり下ったりできる遊具がたくさんあります。

中でもボールに飛び乗り、ゆらゆら揺らして遊ぶターザンブランコは屋内施設では貴重な遊具です。

比較的、本格的にボルダリングも楽しめます。

アクティブフィールドと呼ばれるエリアにあるキューブベースは手足をしっかり使って、登ったり潜ったりできる立体型の迷路のような遊具です。

身体を動かしながら子どもの脳も育めますよ。

そのほか、ボールプールのあるエリアや室内でも安全に遊べる砂場もあり一日中飽きずに過ごせます。

ベビーコーナーもあるためキッズフルは6か月の赤ちゃんから利用でき、対象年齢は9歳までとなっています。

キッズフル公式ホームページ

ファンタジーキッズ リゾート(印西市船橋市

ファンタジーキッズリゾートは全国展開している室内遊園地です。最大の特徴は、全店舗平均で約3,300㎡(およそ1,000坪)の広さ。

北は北海道から南は福岡県まで施設がありますが、なぜか千葉県には印西市船橋市の2施設ございます。(東京都は武蔵村山市のみ)

たくさんあるエリアの中から一部ご紹介します。

ふわふわエリア

大型のふわふわ遊具で跳ねたり、飛んだり子どものストレス発散と、基礎運動能力の向上に最適です。

ふわふわすべり台やふわふわトンネルなどあり。

親も一緒に遊べますので、大人もストレス発散できますよ。

サラサラすなば

室内にいながら、公園さながらに砂で遊べるので幼児にはたまらないエリア。

公園の砂場遊びをさせるのが苦手なママも、このサラサラすなばなら許容できるはず。

トイひろば

大きなブロックで遊んだり、本格的なトイハウスでおままごともできます。家では遊べないような大型の遊具が魅力ですね。

ミルキッズひろば

0〜3歳未満の子どもが遊べる専用エリア。知育玩具やボールプールなどがあります。

おむつ替えや授乳室も完備されているのが嬉しいところです。

ファファンファクトリー

工作教室やクッキングイベントなどを、土日祝日限定・有料にて開催しています。

親の付き添いがあれば3歳の未就学児でも参加できるので、我が家では親子でクッキングイベントを楽しみにしています。

キッズサーキット

バイクやジープ、バギーなどの電動カートが乗れるエリア。

全長およそ100mのコースを走れ、我が子もレーサー気分を味わえます。

特に男の子がいるご家庭におすすめです。

こちらは、船橋にはなく印西のみになりますのでご注意ください。

ラクゼーションエリア

パパママに朗報です。

大人の癒しのコーナーであるリラクゼーションエリアでは、パパママがマッサージチェアをご利用できます。

マッサージを受けながら、子どもが遊んでいる様子も見ることができるのが嬉しいところ。

子どもは遊ばせたい。でも、自分は休みたい。という願いを叶えてくれるエリアです(笑)

ほかにも、イベントひろばでは体験型のイベントに参加したり、ピクニックエリアで持ち込んだ昼食を食べたりできるなど一日中楽しめる室内遊園地です。

ファンタジーキッズリゾート公式ホームページ

最後に


いかがでしたか?

わたしが子どものころはデパートの屋上にボールプールや電動カートで遊べるちょっとしたコーナーがありました。

いまでは、それ以上にスケールが大きく子どもたちが思い切り身体を動かせる室内施設が増えています。

もちろん、子どもは元気に外で遊ぶのが一番です。

しかし、気候や気温の状況を加味しながら上手に屋内施設を利用していくと子どももいろいろな体験ができ嬉しいのではないでしょうか。