未来はいまの積み重ね

二児の父親あびパパが「子供をメシが食える大人に育てる」ブログ

東横インを家族旅行でもおすすめする5つの理由【節約家族必見!】


どーも、あびパパです。

わたしは4人家族ですが、趣味の旅行をできるだけ続けたいと思っています。

できれば海外にも行きたいという欲張りなところがあります。

しかし、家族旅行はとにかくお金がかかる(泣)

海外旅行については安心・安全の優先を考えればある程度お金がかかるのは仕方がないと思っています。(海外旅行保険の加入や治安のよい立地・ホテルなど)

その代わり国内旅行に関してはとことん安くすませるように工夫しています。

ひとつはANAマイルを貯めて、飛行機代無料で旅行すること。

もうひとつはホテル代を安く済ませることです。

この記事ではホテル代を節約すべく、ビジネスホテルの東横インを家族旅行でもおすすめする5つの理由を紹介します。

東横インをおすすめする5つの理由

繁忙期でもリーズナブルに宿泊できる

東横インをもっともおすすめする理由として価格の安さがあげられます。

宿泊業界はゴールデンウィークやお盆などの繁忙期では割り増しににるところが多いですが、東横インはいつもと変わらない料金。

全国どこの東横インも外観・内装などほぼ変わらずゴージャスさはありませんが、とにかく安く宿泊したいという方にはもってこいです。

清潔感はありますし心強い庶民の味方です。

駅前など立地条件がよい

東横インは駅前などとても立地のよい場所にありますので、ビジネスマンだけでなく旅行者にとっても観光の拠点として利用しやすいメリットがあります。

また、高知県を除く46都道府県にチェーン展開しているため、国内旅行でほぼ利用できるといっていいでしょう。

無料朝食付き・地方ではご当地ものも!

東横インでは朝食が無料で付いてきます。

バイキング形式でおにぎり・パン・おかず3品・味噌汁・飲み物などの軽食ですが、無料なところがありがたいところ。

また、地方によってはご当地もののメニューが出ることもあります。

キャンセル料が当日16時までかからない

宿泊施設では宿泊予約日3日前くらいからキャンセル料金が発生するところが多いです。

しかし、東横インはなんとキャンセル料金が当日16時までに連絡すればかかりません。

家族旅行でも東横インをおすすめする大きな理由のひとつです。

なにせ子どもは旅行前日の夜に熱を出したりしますから(笑)

会員になるメリットが大きいため

東横インの会員になると8つの特典があります。詳しくは以下を参照ください。

会員カード入会による8つの特典が魅力

東横INNクラブカードをご存知でしょうか?

東横INNクラブカードは以下の3種類のタイプからひとつを選ぶことになります。

1.東横インクラブカードインターナショナル
2.東横インクラブVISAカード
3.東横インクラブレディースVISAカード

2と3はクレジットカード機能があり、年会費も1,350円かかります。(のちに1,350円分の金券が送付されるため実質無料ですが)

クレジット機能が不要なら迷わず1の東横インクラブカードインターナショナルを選びましょう。

宿泊当日から1ポイントが付与されますよ。

いずれのカードも入会金として1,500円がかかりますが以下に紹介する8つの特典が受けられるので会員になることをおすすめします。

10ポイント付与で1回無料宿泊券

東横インに宿泊のたびに1ポイントが付与されます。(ツイン利用の場合、代表者のみポイント付与)

つまり、10回利用するとシングルではありますが1回分の無料宿泊券がもらえます。

会員割引が利用できる

ただでさえ安く宿泊できる東横インですが、会員になると平日・土曜日の宿泊料金が5%割引になります。

さらに、日曜日・祝日の宿泊料金は20%割引となりかなりお得になります。

毎月10日はボーナスポイントデー

10日に宿泊することで1ポイントがさらに追加されます。

簡単チェックインサービスが利用できる

会員になると予め氏名・住所・電話番号が登録されているためチェックインの際に住所などをあらためて記入する必要がなくスピーディにチェックインすることができます。

6か月前から予約が可能になる

非会員であれば3か月前からの予約となりますが、会員であれば6か月前から予約が可能になります。

東横インは大型連休などの繁忙期でも宿泊料金が跳ね上がらないため、早めに予約できることは大きなメリットになります。

15時からのアーリーチェックインが可能

非会員の場合、チェックイン時間は16時以降ですが、会員になると15時からアーリーチェックインのサービスが享受できます。

会員カードがルームキーとして使える

会員カードがルームキーとして使えるので外出のたびにフロントに立ち寄る必要がないというメリットがあります。

全国すべての東横インでルームキーとして使えるサービスをしているわけではないので確認は必要です。

優待割引の特典がある

鴨川シーワールド東京サマーランドなど優待割引が受けられる特典があります。

なぜ安い値段で提供できるのか

立地条件もよく、無料朝食付きなのになぜこんなに安くできるの?と疑問に思いませんか?

東横インがリーズナブルに運営できるのには次の理由からなります。

東横イン公式HPから引用

東横INNの4つのコンセプト

コンセプト1
駅前旅館の鉄筋版

東横INNの最も基本となるコンセプト「駅前旅館の鉄筋版」。

駅前はもちろん、空港前など交通の要街に立地する至便さと、リーズナブルな料金設定で、家庭的な雰囲気とサービスをご提供いたします。

コンセプト2
日常型、宿泊特化型ホテル

東横INNは、宴会場やレストラン部門を設けない宿泊特化型のホテルです。

非日常的な場を提供するシティホテルとは異なり、お客様に”我が家のようなくつろぎ”を提供しています。

コンセプト3
女性の感性を重視したホテル運営

「女性の感性を重視したホテル運営」も東横INNのコンセプト。

お客様がほっとできる、きめ細やかな女性ならではのサービスを提供しています。
支配人をはじめ、フロントやメイクなど、幅広く女性が活躍しています。

コンセプト4
ISO9001を取得した全店舗同品質のサービスに各店舗独自の家庭的なサービスをプラス

どの店舗でも同様の設備クオリティとサービスを維持し、安心して宿泊できる客室の提供に努めています。

このクオリティの証として、ISO9001を2007年より取得しています。 また、各店舗の個性を活かした独自のサービスで我が家にいるのと同じような安心感を提供しています。

最後に


いかがでしたか?

立地条件がよくきれい目でとにかく安く宿泊することを第一に考えるのであれば東横インはおすすめです。

その代わり、アメニティなどは最低限のものしかありません。カミソリ・くし・ガウンは1階のロビーにあるものを部屋まで持っていきます。

コップや歯ブラシセット、タオル・バスタオル、シャンプー・リンス・ボディソープ、冷蔵庫、テレビ、コンセントなどはもちろん部屋に備えられていますので安心してご利用できると思います。

宿泊料金の浮いたお金で外食を豪華にするのもよし、観光を楽しむのもよし、あびパパのような海外旅行を目論むのもよいと思います(笑)

ちなみにあびパパ家族はデラックスツインルームが完備されている東横インで空きがあればその部屋を予約します。

それ以外であればツインルームを予約しています。

参考になれば幸いです^ ^