未来はいまの積み重ね

二児の父親あびパパが子どもに生きる力を伝えるブログ。

0歳児がいるママ必見!天才脳を育む方法とは?【0〜3か月/運動 編】


どーも、あびパパです。

生まれた赤ちゃんにとって必要なのは親と愛情ですよね。

ヒトの赤ちゃんは、他の動物の赤ちゃんと違って、世話をしてもらい学習をしないと生きていけません。

手や足や口の使い方などを教えてもらって、育っていきます。

この記事では、天才脳を育むためにママが0歳児【0〜3か月】にできるトレーニング法を紹介したいと思います。

どうして0歳教育が必要なの?


その前に、なぜ0歳教育が必要なのか。

赤ちゃんの脳は生まれる前から成長しています。生まれるころにはほぼ一生分の神経細胞ができてしまうと考えられているんだそうです。

そして、

この神経細胞うしのつなぎ目の役目をする“シナプス”の数が多いほど、神経細胞の神経回路が多くなり、情報の伝達が強くなるとのこと。

つまり、

このシナプスを増やすことこそ頭がよい脳に育てるカギとなるんですね。

出産直後から赤ちゃんの脳を働かせて神経細胞を使うと、シナプスが増えはじめ、生後8か月から3歳くらいの間にシナプス密度が最大になるそうです。

これが0歳教育が必要とされる理由なんですね。

0歳の時に、シナプスを増やせるだけ増やしておくことが大切なのです。

事実、ヒトは身長や一般の臓器、生殖器こそ時間をかけて成長しますが、脳の成長だけは5〜6歳がピークと言われています。

自分の意思でグーとパーができるように練習する


生まれたばかりの赤ちゃんの手をみてください。グーに握っていませんか?

そこにママの指を持っていくとギューって握ったりしてくれます。

この手で物が握れる反射を『把握反射』と言います。

赤ちゃんの手の平をペンなどの棒でギューっと押さえ、お母さんの手で包むように、4本の指を握らせるよう刺激すると、グーにします。

このとき、親指は外に出しましょう。

手がグーに握れたら、次は手の甲を刺激して手を開く練習をします。

グーもパーも3〜5秒、同じ形をさせるようにします。

練習を繰り返して、だんだん強く握ったり、早く開けるようにしましょう。
◇天才脳をつくる0歳教育 久保田競より

両手を上にあげ、手の平をグーにして寝ている姿がかわいい新生児の赤ちゃん。

こんな小さな手の平でも刺激を与えることで、反射経路が働き、脳が活性化されるんですね。

この反射を利用して、自分の意思でグーとパーができるように練習させることで、神経細胞神経細胞をつなぐシナプスが増え、天才脳への道が開けるようです。

うつぶせ顔あげのトレーニングは首すわりへの近道


わたし的には正直、うつぶせを早くさせたほうがよいというのは盲点でした。

我が息子の生後1か月検診のときに、助産師さんからも、『必ずお母さんが付き添ってあげながら、どんどんうつぶせさせてくださいね。』という言葉を残し去って行きました(笑)

うつぶせを敬遠するお母さんを見かけますが、赤ちゃんが目を覚ましていれば、危険ではありません。

また、うつぶせにさせることで、首のすわりが早くなります。

さらに仰向けで寝ているだけでは得られない刺激を、早い時期から得ることができます。

1日に何度か赤ちゃんの機嫌のいいときに、顔を横に向け、窒息に気をつけながら後頭部をそっとなでて、顔だけをあげる練習をさせましょう。
◇天才脳をつくる0歳教育 久保田競より

窒息や乳幼児突然死症候群の心配がありましたから、これは前途したようにわたし的には盲点な発想でした。

しかし、

うつぶせの練習は必ず親が付き添っておこなうこと。また、顔が埋まらないように柔らかい布団を避けるなどの工夫をすることで早いうちにうつぶせ顔あげのトレーニングは可能です。

首がすわると赤ちゃんの世界はいっきに広がりますから、少しでもシナプスを増やすためにはおこないたいトレーニングですね。

まねのトレーニングで表現力と感性を高める


赤ちゃんを見ていると、『あれ?いまママのまねした?』って思うことありませんか?

生後間もない赤ちゃんにはまねをするというシステムが備わっているそうです。

赤ちゃんは生後2週間もすると、お母さんの顔のまねができるようになります。

赤ちゃんと向き合って口を開けると、赤ちゃんも口を開け、舌を出すと赤ちゃんも舌を出します。

この時期からいろんな表情を見せて、まねをさせましょう。

顔のまねができたら、次は手。グーやパーの手を赤ちゃんに見せると、赤ちゃんもまねをします。まねをしなかったら20秒以上じっくりと見せて、反応を待ちます。

まねができたら『よくできたね』と言いながら褒めてあげましょう。
◇天才脳をつくる0歳教育 久保田競より

この『まねをする能力』というのは、脳科学でいうと前頭前野の中のミラーニューロンシステムが働くからなんだそうです。

このミラーニューロンは相手の表情を見て、何を考えているのかを理解する働きもするそうです。

なんだか我が子の脳を刺激しすぎて、そのうち親が何を考えているのか見透かされそうで怖いような気もしますが(笑)

このトレーニングにより、表現力や感性が磨かれるというのは嬉しいですね(^^)

おっぱいを強く吸うトレーニングで積極性と健康な体をつくる


あびパパは二児の父親でありますが、長女のときも長男のときも思っていたことがあります。

それは、生後すぐにママがおっぱいを出し、顔を近づけさせるとむさぼるように乳首に食いつく我が子の姿です。

誰が教えたわけでもなく、生きるための本能なんだなと。

しかし、そんななにげない授乳中にも脳を活性化させるためのトレーニングがあるとは知りませんでした。

自分でおっぱいが吸えるようになったら、次は積極的に飲むことを覚えさせます。

赤ちゃんがおっぱいを吸おうとしたときに、お母さんは体を少し後ろにのけぞらせて赤ちゃんから離れ、赤ちゃんがおっぱいにしがみついて力強く吸うようにします。

強く吸わせると飲む時間が短縮し、体重の増加も期待できます。
◇天才脳をつくる0歳教育 久保田競より

お母さんと赤ちゃんのお肌が触れ合うようにして、おっぱいを吸わせるとお母さんのお腹の温度が上がり、触れ合っている赤ちゃんも気持ちよくなるそうです。

愛情を注ぎ、安心感を与えることも赤ちゃんの脳に大切です。

おっぱいを強く吸うトレーニングでぜひ積極性と健康な体をつくりましょう。

まとめ


いかがでしたか?

0歳児の1年間は人生でもっとも劇的な変化を遂げる期間です。

1か月と11か月とではまるで別人です(笑)

この時期に適切な脳への刺激を与えることで、神経細胞神経細胞をつなぐシナプスの数が増え天才脳が育まれます。

0〜3か月の赤ちゃんには

◉自分の意思でグーとパーができるように練習すること

◉うつぶせ顔あげのトレーニングは首すわりへの近道であること

◉まねのトレーニングで表現力と感性を高めること

◉おっぱいを強く吸うトレーニングで積極性と健康な体をつくること

この4点を生後から意識して取り組んでいくとよいそうですよ。