未来はいまの積み重ね

二児の父親あびパパが子どもに生きる力を伝えるブログ。

きかんしゃトーマスは幼児教育に絶大?おすすめする4つの理由


どーも、あびパパです。

わたしの長女は3歳になりますが、『きかんしゃトーマスとなかまたち』が大のお気に入りです。

およそ1年半、長女ときかんしゃトーマスを見続けてきて思うことがあります。

それは、ただの幼児向けアニメではとどまらないなということ。

どういうことかと言いますと、

友情や思いやりなど心の教育、数字や色・形などの学習、歌やダンス、さらには英会話学習までも学べるアニメだということ。

もっと言えば、社会で働く大人も得たい教訓がめちゃめちゃ詰まっています。

そして、なによりトーマスはじめ全機関車たちが口にする『人の役にたつ仕事をしたいんだ!』というマインドなど学ぶべきところが多くあります。

きかんしゃトーマスは心の教育になる


きかんしゃトーマスはイギリスで生まれたアニメです。

イギリスらしくブラックジョークも織り交ぜられた大人も楽しめる内容になっていますが、子どもたちの心の教育にぴったりなんです。

人の役にたつ喜び

前途したように、みな『人の役にたつ仕事をしたい』という気持ちを表しています。
人の役に立つことで、喜ばれたりお互い笑顔になれることを学べます。

協力し合うことの大切さを学べる

キャラクターのストーリを通じて、友達への思いやりや協力し合って物事を達成する気持ちを育むことができます。

物事にポジティブに取り組む心が身につく

キャラクターのストーリーを通じて、目標を持つことの大切さや、最後まであきらめずに頑張り抜く心が身につきます。

多様性が身につき心が豊かになる

いろいろな性格のキャラクターが登場することにより、自分とは違う価値観や考え方にふれることができ、豊かな心の成長が期待できます。

きかんしゃトーマス名言の一部


まずは、

ソドー鉄道社長トップハム・ハット卿の名言。

悪天候に不満を漏らす機関車たちへ向けた一言

役に立つ機関車はどんな天気でも一生懸命に働くものだぞ!

蒸気機関車ディーゼル機関車に代わり、なくなるかもしれないと不安に思う気持ちに対して

心配するな。わしの鉄道でそんなことはさせん!

ゲイターの勇気について語った一言

勇気があるってことは、怖がらないこととは違うんだよトーマス!怖いと思っても最後までやり遂げるのが、本当に勇気があるってことなんだ。

メイビスの仕事について語った一言

故障なく働けるだけでもありがたいと思わなくっちゃ

トーマスシリーズで学習のきっかけに


わたしの長女はトーマスのおかげで結果として以下のような学習ができています。

パズルで右脳の活性化

1歳代のときにまずアンパンマンが好きでしたので、アンパンマン(20ピース)のパズルをしていました。

その後、きかんしゃトーマスが好きになっていたので、アンパンマンパズルからトーマスのパズルに切り替えました。

自分の大好きなトーマスやパーシー、ゴードンなどのキャラクターがどんどん描かれてくるわけですから本人は夢中になりました。

少しずつピースを増やしていき、2歳代で85ピースのパズルもできるようになりました。

これは、よく言われる脳がスポンジのように吸収していく年齢であり、特に好きなものとなると子どもは能力を発揮するというところを活かせたのかなと思っています。

数字を覚える

数字の覚え方もトーマスにより興味が出てきました。

例えば、

トーマスの車体番号は1番、エドワードなら2番、ヘンリーなら3番といった感じです。

トーマス以外でも、マンションのエレベーターや月極駐車場にペイントされている数字などチャンスがあれば数字をわたしが言葉にしていたので、トーマス効果だけではないですが数字に興味を持たすのにもよい方法だと思います。

ちなみにフィリップというキャラクターがいるのですが、『フィリップは何番?』と聞くと『68番!』と答えるので、やはり好きなものは覚えるのが早いと感じています。

色も覚える

色はトーマス以外で覚えるチャンスはあるので0歳児のときから動物の絵や車などを指差して、『これは赤だよ』などと教えていました。

トーマスを好きになったころにはある程度の色はわかっていたので、トーマスの色は"ブルー"、パーシーは"グリーン"、ジェイムスは"レッド"のように英語で色を教えました。

これにより、

本人は"英語"という意識がないまま赤=レッドなどと認識している様子です。

ブロック遊びで脳を活性化

ブロック遊びは空間認知力や創造力、思考力などさまざまなメリットがある遊びです。

特にキャラクターものでもないブロックで子どもが楽しむのならそちらでよいですが、わたしの娘はすぐに飽きてしまいました。

そこで、大好きなトーマスのブロックを購入したところ楽しんでブロック遊びをしています。

塗り絵で楽しく遊ぶ

100円ショップのダイソーやセリアでトーマスの塗り絵が購入できます。

塗り絵をすることで色の認識はもちろん、三点持ちを意識して描かせることで鉛筆へのシフトをスムーズに行えます。

二か国語放送により英会話学習にもなる


2018年現在、毎週日曜日の17時30分からEテレでテレビ放送されている『きかんしゃトーマスとなかまたち』ですが、二か国語放送により、英語で視聴できるのをご存知でしょうか。

言語の切り替え方法は、テレビのリモコンにある『音声切替』ボタンを押すだけ。

わたしの長女の例になりますが、日本語で何度も同じお話を聞いていることもあり、すでに内容は頭に入っています。

ですから、英語に切り替えて視聴しても、内容の意味は理解しているんですよね。

子どものころのメリットって日本語と英語の区別をせず、視覚から入る映像を中心に楽しんでいるので二か国語を覚えるのには効率がよいこと。

これを、大人がやろうとするとどうしても耳に入ってきた英語を日本語に訳そうとしてしまうんですよ。

そうしている間に話がどんどん先に進んでしまいよくわからなくなるんですよね(笑)

子どもがバイリンガルになるほどではなくても、好きなきかんしゃトーマスを見ながら、結果として"英語を身近にできる"ことも大きなメリットだと思っています。

まとめ


いかがでしたか?

きかんしゃトーマスとなかまたち』はおすすめのアニメです。

あびパパの理想の上司はトップハム・ハット卿なくらいです(笑)

きかんしゃトーマスをおすすめする理由

POINT

◉仲間たちとの友情や思いやり、助け合う大切さなど心の教育になる。

◉人の役に立つ大切さを学べる。
⇨人の役に立ちたいという思いは、子どもの将来の仕事に繋がるかもしれません。

◉トーマスのパズルやブロック、塗り絵などを活用することで脳の活性化になる。

◉二か国語放送を活用することで、英語を身近にすることができる。

子どもの好みもありますが、きかんしゃトーマスはおすすめのアニメです。

ぜひ、ご覧いただければと思います。