未来はいまの積み重ね

二児の父親あびパパが「子供をメシが食える大人に育てる」ブログ

【節約効果大!】通信費を年間12万円以上も節約できた理由を公開


どーも、あびパパです。

家族旅行で子どもに広い世界を見せることが大切な3つの理由で家族旅行の大切さをご紹介しています。

旅行は行きたいけれどお金の問題が。。。

その気持ちわかります(泣)

わたしも決して高給取りではありませんので(笑)

あびパパはストレスになるので日々のケチケチした節約は嫌いです(笑)

ただし、

必ずかかる固定費の削減やモノを購入するときに関しては徹底しています。

この記事では通信費を年間12万円以上節約できるようになった理由を公開しています。

夫婦2人のスマホ代と光回線の見直しで通信費を半額以下に削減


あびパパは妻と未就学児を含む4人家族です。
通信費としては、わたしと妻のスマホ代と固定回線になります。

2016年3月までの通信費は以下の通り

スマホ(ともにiPhone4s by au 2年契約)
わたし・妻:各7,500円/月
光回線:NTTフレッツ光/5,000円
◎合計20,000円

2016年4月〜2018年3月までの2年間はソフトバンクへの乗り換えで以下の通り

スマホ(ともにiPhone6s by Softbank 2年契約)
わたし・妻:各4,500円/月(端末代込み)
光回線ソフトバンク光/6,000円
◎合計15,000円

2018年4月〜現在

スマホ(iPhone6s by SoftbankSIMフリー化)
わたし:Yモバイル 2年契約 2,980円/月
妻:UQモバイル 1年契約 1,800円/月
光回線解約
⇨モバイル回線WiMAX2+:4,500円/月
◎合計9,280円

2016年3月くらいまでは家族の通信費合計が20,000円ほどでしたが、2018年現在では9,280円まで下げることが出来ました。

この流れの中の最初のポイントは、auからソフトバンクに乗り換えたときに、iPhone6sを端末代込みで月額4,500円で契約できたこと。

割引の条件は『夫婦で乗り換えること・ソフトバンク光にすること・25才以下の子どもがいること』ですべて満たしていました。

しかし、ソフトバンクの割引は2年間のみのため、このまま契約を続けると月額7,000円越えに逆戻りになるはめに。

そこで、

iPhone6sをSIMフリー化し、夫婦それぞれに合う通信会社へ変更しました。

わたしがソフトバンクからYモバイルに変更した3つの理由


わたしがソフトバンクからYモバイルに変更した理由は3つあります。

とその前にYモバイルはソフトバンクに吸収合併されています。

格安SIMの会社と思われがちですが、3代キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と格安SIM会社の中間のような位置付け。

正直申し上げますと3大キャリアよりも優れているかもしれません。

①通信速度が安定していること

Yモバイルは格安SIM会社のように大手から通信回線を間借りしているわけではないので速度も安定しています。

つまり、

通信速度もソフトバンクとほぼ同じなのでキャリア並みなんですよね。

まず、わたしの変更条件として通信速度でストレスを溜めたくないというのがありましたのでYモバイルはその点をクリアしていました。

②月額料金が安いこと

もうひとつの大事な条件である通信料金も3大キャリアよりも安くて済むので決め手になりました。

スマホプランMはCMでおなじみのワンキュッパ割適用で月額2,980円になります。

通常ならワンキュッパ割は1年間のみなのですが、ソフトバンクからの番号移行だとこれが2年間になります。

③通信容量の条件を満たしていること

Yモバイルは2018年9月から新規契約・他社からの乗り換え・ソフトバンクからの番号移行・契約変更の方を対象にデータ増量無料キャンペーンが実施されています。

わたしはスマホプランMという契約ですが、9GB使用できることになっています。

ソフトバンクで5GBの契約だったこともあり、3つ目の理由としてこの使用できる容量も条件を満たす要因になりました。

Yモバイルのデメリット

マイナス点は2年縛りがあるところ。

格安SIM会社はだいたい1年使用すれば解約金がかからないところが多いので、その点は悩みましたが、わたしの3つの条件をクリアしていたので契約することにしました。

3大キャリア利用の人で今よりも料金を下げたいけれど通信速度も落としたくないって方にはお勧めになりますのでご検討してみてはいかがでしょうか。

妻がソフトバンクからUQモバイルに変更した3つの理由


①月額料金が安いこと

妻はわたしと同じYモバイルではなく、UQモバイルの『データ高速通信(3GB)+音声通話』というプランを契約しました。

月額1,800円と値段もお手ごろです。

②2年縛りがないこと

妻は2年縛りが大嫌いです。

UQモバイルは、『データ高速通信(3GB)+音声通話』のプランは、1年たてば解約金もかからないということが妻が選んだ1番の理由です。

Yモバイルもデータ増量無料キャンペーン適用でスマホプランSなら3GBで月額1,980円と遜色なかったのですが2年縛りの差は大きいと感じました。

格安SIMトップクラスの通信速度

UQモバイルはauのサブブランドであり、格安SIM会社の中でも数少ないau系の回線を利用しています。

多くの格安SIM会社がドコモ系の回線を間借りしている状況もあり、UQモバイルは通信速度が速いのも人気のひとつです。

まとめ


いかがでしたか?

この記事では家族の通信費を節約する我が家の一例をご紹介させていただきました。

2016年3月までは光回線含め月額2万円かかっていた通信費が2018年4月以降は月額1万円を切り、実に年間12万円以上も節約することができるようになりました。

あびパパ家の2018年現在の通信費

POINT

◉あびパパは、ソフトバンクからYモバイルへ乗り換え。9GBついて月額2,980円。しかも、通信速度はソフトバンクとほぼ変わらず。
◉妻は、ソフトバンクからUQモバイルへ乗り換え。3GBついて月額1,800円。2年縛りがないのも嬉しいところ。通信速度は格安SIMの中でトップクラス。
◉固定回線である光回線を解約。モバイル回線のWiMAX2+に変更し、月額6,000円から4,500円に節約。外でも動画を気にせず見られるようになったのも魅力的です。

通信費は家族によってどの会社のどのプランが適しているのかが変わるのが正直なところです。

しかし、はっきり申し上げまして高額でもよいからカケ放題プランが必要!という人以外、3大キャリアである理由はなくなってきているのが現状です。

あまり電話をしないし、インターネットもLINEやたまに検索するくらいなんて人は格安SIM会社で十分だと思います。

つまり、

無料通話もいらないしデータ容量も3GB未満で十分だという夫婦は2人合わせても月額4,000円もかからないで済む時代なんです。

ぜひ、通信費を節約して家族旅行に出かけ『楽しい時間』のためにお金を使いましょう!