未来はいまの積み重ね

二児の父親あびパパが「子供をメシが食える大人に育てる」ブログ

学資保険は不要?保険と貯蓄を分けて考えると必要な保険が見える理由


どーも、あびパパです。

わたしは3歳の長女と0歳の長男がいますが、二人とも学資保険には入っていません。

"子どもが生まれたら学資保険に入るもの"

と思い込み加入されているご家族も多いと思いますが、あびパパはあえて入りませんでした。

この記事では、なぜ我が家が学資保険に入らないのか。

そして、どのような保険に入り、どのような貯蓄方法で教育費を貯めていくのかを公開したいと思います。

学資保険に入らない理由は?

まず学資保険に加入されるご家族の理由から

学資保険に入る理由は主に以下の2つだと思います。

①主に契約者である父親が亡くなったときや高度障害になったときのための保険として

②子どもの大学進学費用に備えるため

この2つを見る限り、保険と貯蓄を両方備えて一見よいように見えますよね。

しかし、あびパパ的に学資保険は保険としても貯蓄としても中途半端に思えるのです。

学資保険に入らなかった理由

2018年現在、例えば保険金200万円の学資保険で考えると、ざっとですが18年間かけて190万円くらいの保険料を支払い200万円が戻ってくるというイメージです。

18年間も支払い続けて10万円くらいしか増えないの?って感じです。

その割に途中解約すると元本割れしますし、物価が上昇するインフレにも対応できません。

死亡保障の保険としての役割もありますが、正直200万円では少ないですし、仮に学資保険で1,000万円となると保険料総額は900万円くらいになると思います(笑)

あびパパ家の加入している保険

あびパパ家は以下の保険に加入しています。

低解約型終身保険(15年払済)

まず、一家の大黒柱であるあびパパは死亡保障500万円の低解約型終身保険に加入しています。

この保険は支払期間が15年間でその後の保険料はかかりません。

ざっくり、15年間で支払う保険料は330万円ほど。

終身保険なので死亡したら、いつでも受取人の妻に500万円の保険料が下りることになります。

そして、わたしが亡くならないか、もしくは解約しない限り15年後以降支払った金額よりも解約金が増え続けます。

つまり、

15年の間に途中解約さえしなければ、死亡保障の500万円または支払った330万円以上の金額で戻ってきます。

15年間、保険料の支払いを終えた後も、この保険は解約せずに妻への保険金として500万円を残す予定です。

万が一、妻よりもわたしの方が長生きしたときは受取人を子どもの名前に変更するか、解約して330万円以上の金額で受け取り、老後資金に生かそうと思っています。

この保険は子どもの大学進学にあたり、どうしても貯蓄では費用が足りないという非常事態が発生したときにも解約することで、330万円以上の金額で教育費として賄うというセーフティネットとしても役立てることができます。

死亡保障500万円の定期保険

あびパパ家では妻が契約者として20年定期の死亡保険に加入しています。

こちらは子どもが成人するまでの20年間の保障を確保する意味で妻に入ってもらいました。

詳しいことは割愛しますが、

日本の制度は夫が亡くなった場合の子どもがいる母親には手厚い遺族年金の保障があります。

しかし、母親が亡くなった場合の子どもがいる父親には母親ほど手厚い制度にはなっていません。

父子家庭の場合でも平成27年度以降ようやく18歳までの子どもを扶養していれば遺族年金が支給されるようになりましたが、あくまでも18歳までです。

現実、お金が一番かかるのは18〜22歳の大学生のときです。

ここをカバーするためにも妻に定期保険に加入して貰いました。

定期保険のメリットは掛け捨てではあるものの月額1,000円前後で500万円くらいの保障を付けられるところです。

がん保険(終身)

がん保険は夫婦ともに加入しています。

ともに癌と診断されたら100万円の一時金が下りるタイプの保険です。

妻は月額3,000円ほど、わたしは2,500円ほどです。

知人の母親が乳がんになり毎月抗がん剤のために6〜7万円払っているという話を聞いて加入することにしました。

国の高額療養費制度を使ってこの金額ですから、本当にお金がかかると思います。

癌は肉体的・精神的・金銭的すべてにダメージがあるので、せめて金銭的な部分は保険でカバーしたいところです。

子どもの保障はコープ共済

子どもの保障ではコープ共済に加入しています。

長女は生後5か月でロタウイルス、1歳5か月のときには肺炎で入院した過去があります。

子どもの場合、自治体の助成金があるので入院保障の加入そのものが不要かもしれませんが、月額1,000円で加入できること。

入院も1日目から日額6,000円がでること。

そして、

個人賠償責任保険の特約を+140円で付け、最高3億円の保険を備えることができることが加入している1番の理由です。

過去の事例で、歩行中の女性が小学5年男子児童(当時)の自転車にはねられて頭の骨を折るなどの重傷を負いその後寝たきりの状態になったとして、神戸地裁は母親に対して9,520万円の支払いを命じるという判決がありました。

確率的にはかなり低いことかもしれませんが、こうなると家族全員の人生が奈落の底に落ちるでしょう。

たった月額1,140円でこの安心が得られるならば加入しておきたい保険だと思っています。

保険と貯蓄はわけて考えることが大切


ここまででお気付きの方もいらっしゃると思いますが、あびパパ家族が加入している保険には教育資金のための商品がないのでは?ということ。

低解約型終身保険は教育資金のためのセーフティネットにはなっているものの、妻がなくならない限り定期保険は下りないですし、がん保険もがんになったときのため、子どもが加入している保険も子どもの入院保障や損害賠償請求のためです。

教育費の捻出はというと毎月の給料・ボーナス・確定拠出年金(iDECO)で節税した金額で『円貯金+変動国債+外貨預金+投資信託』で行っています。

つまり、『保険は保険』『貯蓄は貯蓄』とわけて考えているんですね。

保険で貯蓄は効率が悪いです。

保険会社が運営するための経費がかかりますから、どうしても途中解約したときの元本割れリスクやインフレ対応への不十分さなどが付きまといます。

本当に万が一のことがあったときに、残される家族のためにどのくらいの保障が必要なのか。

その分だけ保険は入るべきかと。

そして、貯蓄はインフレ対策を意識しながら効率よく増やしていきたいですよね。

最後に


いかがでしたか?

保険を含めた金融商品てなんだか複雑に感じますよね。

でも、シンプルに考えると『保険』はその名の通り、『万が一のために備えることが原点』なのでそれのみを意識すればよいと思います。

あびパパ家は妻も正社員で働いているので、保険金500万円ですが、専業主婦のご家庭であればそれ以上の保険金にしたほうがよいかもしれません。

どのくらいの保障が必要なのかは結局のところ、各ご家庭の収入や子どもの人数などで変わります。

例えば、世帯年収700万円でも『夫の年収700万円・妻の年収0円』と『夫の年収350万円・妻の年収350万円』とでは保障の仕方が変わってきます。

前者の場合、夫が亡くなると世帯の給与収入は0円ですが、後者の場合、世帯の給与収入は350万円残ります。

ですから、

各ご家庭に合った保険への加入が必要です。

わたしは保険のプロの方とお話を何度もさせていただき、結果として素人ながら保険や金融商品の知識を多少なりとも得ることができました。

やはり、保険のことは保険のプロの方に相談し、最終的にはこれくらいだったら安心できるという保険金額と現実的に支払える保険料をすり合わせて決めるのがよいと思います。