未来はいまの積み重ね

二児の父親あびパパが「子供をメシが食える大人に育てる」ブログ

子育てで後悔しないためにしておきたい大切な3つのこと


どーも、あびパパです。

わたしは子育てする上で明確な目標があります。

それは、

◉子どもが心も身体も健康で日々を過ごせること。
◉子どもが将来、自立した大人になること。
◉そのために子どもにとって1番のサポーターになること。

この3つです。

子どもの健康や未来を親としては願いたいですよね。

この記事では子育てで後悔しないためにしておきたい3つのことについてご紹介します。

※内容としては医師であり終末期医療に長年携わっている大津秀一先生の著書『死ぬときに後悔すること25』から親子関係、子育てに通づることを参考にしています。

『死ぬときに後悔すること』から学ぶ子どもに優しい親であること


子どもの生活態度、勉強などなど。

子どもが成長するにつれ叱ってばかりいませんか?

つい言い過ぎたりしていませんか?

いつのまにか気づくと怒ってばかり。

『死ぬときに後悔すること』のなかに、

◎感情に振り回された一生を過ごしたこと

◎他人に優しくしなかったこと

があります。

末期がんなどの終末期、患者は病院のベットの上で過去を振り返り後悔するそうです。

感情的になったり、人に優しくできなくなる気持ちはわたしも少なからずわかります。

例えば、朝の時間がない中で子どもの準備が遅いことにイライラする。

自分の思い通りにならないと子どもに当たる。

でも、それがいつのまにか口ぐせのように親から子どもへ行われていたら寂しいですよね。

なるべく子どもがやる気になる言葉かけを親としては心がけたいところです。

子どもにプラスの言葉をかけるのかマイナスの言葉をかけるのかで子どものやる気スイッチが全然変わるからです。

『死ぬときに後悔すること』から学ぶ子どもが楽しいと思えることを!


『死ぬときに後悔すること』のなかに、

◎自分のやりたいことをやらなかったこと
◎夢をかなえられなかったこと
◎仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
◎行きたい場所に旅行しなかったこと

もあります。

大人である親のほうがハッとさせられる内容かもしれませんね。

親であれば仕事や家事、子どもであれば学校や宿題。

もちろんどれも大切なことですが、日々の生活に追われ、純粋に楽しむという時間を忘れてしまってはもったいないですよね。

『人はいつか死ぬ』

時間は有限ではないので『自分のやりたいことをやること』は人生でとても大切なことです。

『夢をかなえられなかったこと』については、実際には"夢をかなえようとしなかったこと"に後悔するそうです。

つまり、

一生懸命に夢をかなえるために努力したのなら結果的に夢がかなってもかなわなくても後悔しないそうです。

子どもにはぜひ、何か一生懸命になれるものを見つけて欲しいですよね。

そして、

その夢がかなうかなわないは別として親としてはできる限りその夢をサポートしたいです。

『行きたい場所に旅行しなかったこと』について。

日本国民へこんな質問がありました。

『あなたに時間とお金の両方があったら何がしたいですか?』

これに対する答えダントツ1位が『旅行』だそうです。

本当は旅行したいけれど、時間やお金の都合でいかにできていないかを反映している結果なのかなと感じます。

家族旅行はかけがえのない思い出になります。

人生後悔しないためにも、時間とお金を捻出してぜひ家族の思い出をつくりたいですね。

ちなみにあびパパは旅行が大好きです。
家族で海外旅行のための節約術も記事にしていますので参考にしていただければ幸いです(^^)

『死ぬときに後悔すること』から学ぶ子どもに感謝の気持ちをあらわすこと


『死ぬときに後悔すること』の中に、こんなこともあります。

◎健康を大切にしなかったこと
◎自分の生きた証を残さなかったこと
愛する人に『ありがとう』と伝えなかったこと

まず、『健康を大切にしなかったこと』

仕事や子育てに追われて運動不足になっていませんか?

食生活は乱れていませんか?

あびパパも40代になり気をつけなければならないと思っているのが身体のメンテナンス。

健康は若いうちは気づきにくいですが、お金には代えられない財産です。

早死にして子どもの成長が見られなくなるなんてとても悲しいですよね。

子どもも親がいない、あるいは病気がちだととても辛い人生になると思います。

子どものためにも自分のためにも健康でありたいですね。

また、

愛する人に『ありがとう』と伝えなかったこと』については、終末期医療を受けている患者が最も後悔していることだそうです

1番大切なはずの家族に普段の生活の中で感謝の気持ちを伝えてこなかったことにとても後悔の念を感じるとのこと。

近すぎて見えづらいこともありますが、普段の生活から感謝の気持ちを言いあらわせる親でありたいですね。

まとめ


いかがでしたか?

子育てで後悔しないためにもいま一度自分を見直すきっかけになれば幸いです。

子育てで後悔しないためにしておきたい3つのこと

POINT

◉感情的になりすぎず周りや子どもに優しい人であること

◉人生の時間は限られているので、自分自身も子どもも好きなこと、やりたいことをやること

◉健康を大切にし、家族や周りの人に感謝の気持ちを伝えること

わたしはこの本で子どもとの向き合い方が変わりました。

『死ぬときに後悔すること25』