未来はいまの積み重ね

二児の父親あびパパが「子供をメシが食える大人に育てる」ブログ

子供のお小遣い制はやめるべき!?子どもに伝えたいお金の話「お金は誰かの役に立ったときにはじめていただける対価」だということ

どーも、あびパパです。

子供のお小遣いについてどうすべきか悩んだりすることはありませんか?

わたしの長女はまだ1歳なので本格的なお小遣いの話に至っていませんが、よくある一定額のお小遣いを渡すということにはわたし自身抵抗を感じています。

なぜなら、

自動的にいただけるお小遣い制度では、お金に関する知識や思考力が育めないと思うからです。

お金は生きていくために密接に関わっているモノです。

そのお金の教育を"親として子供にどう伝えていくべきか"はこれからの時代は特に重要だと感じています。

子供時代は自立した大人になるための準備期間

読者様はきっと、子育ての真っ最中だと思います。

そこで、読者様に質問です。

「なんのために子育てをしているのか」

を考えたことはありますか?

わたしの子育ての目標は自立した大人にすること以外のなにものでもありません。

順番からすれば親は先に死にます。

子供が成人したとき、「自分でメシが食っていけなくて困ることがないように」と考えています。

つまり、

この数十年の子供時代は大人として自立するための準備期間であるということです。

昨今でもひきこもりやニート問題がニュースにとりだたされますが、親として子育ての目標をしっかりもつことをまずはおすすめします。

お金は誰かの役にたったときにはじめていただける対価であることを教えよう


人は誰かの役に立ちたい、誰かに認められたいと思う動物だと思います。

ボランティア精神も大切ですが、自立してご飯を食べていくためには、お金を得る必要があります。

そこで子供に伝えることとして大事なことは、

「お金は誰かの役に立ったときにはじめていただける対価」

だということ。

つまり、困っている人の悩みを解決することで得られるということです。

例えば、実家のおじいちゃん・おばあちゃん宅の荷物の片づけをする、または、草抜きをするなど、そういった誰かの役に立ったときにお小遣いを与えるということ。

何もしていないのに、毎月一定額のお小遣いを与えるだけの場合では「お金は誰かの役に立ったときにはじめていただける対価」ということを肌で実感することができません。

お金に関する思考力を育くためにも大切なことではないでしょうか。

報酬がなければやらないという価値観にならない?

報酬がなければやらないという価値観にならないためにというわけではありませんが、できればパパママと住む自宅では、お金は発生させずに純粋なお手伝いとして定着させたいところです。

中高生の10代になった子供が、洗濯の片付けや料理を運ぶことすらせず、当たり前のように親からなんでも生活に関わることをして貰っていてはとても自立した大人に近づけません。

わたしとしては子供が幼児期のときに、親がしていることを真似したがるときが絶好のチャンスだと思っています。

例えば、料理を「〇〇ちゃんが運ぶー」など子供が興味を持ったときは、大惨事にならないようなおかずのお皿を運んで貰うことです。

そして、運んでくれたあとは「〇〇ちゃんおかずを運んでくれてありがとう」と伝えましょう。

忙しい毎日なのは理解できますが、このときに「忙しいんだからあっちへ行ってなさい!」と突き放してしまうと子供の成長する芽を潰してしまいかねません。

洗濯をたたむお手伝いをしたがるときも、多少たたみ方が曲がっていても、お手伝いしようとしてくれたことをきちんと褒めてあげましょう。

勉強以上に生活力を身につけさせてあげることは自立した大人に向けてとても大事なことです。

お金を得るということは信用を得ること


わたしはお金を得ることができる人。

つまり、自立してご飯を食べられる人というのは他人から信用される人だと思っています。

フリーランスで働いている人は如実に現れますが、例えサラリーマンだとしても

「この人に仕事を頼みたい」

と思ってもらえるような人間性が大切です。

ですから、

お金を得る人=信用される人

だと思うのです。

子育てをする過程の中で、お金の教育と同時に子供の自己肯定感を育めるように接していきたいものです。

最後に

いかがでしたか?

日本人はお金の心配をしている国民が多いのではないでしょうか。

この原因のひとつとして、子供時代に学校教育やご家庭の中で『お金に関することを学んできていない』ということが考えられます。

学校教育のカリキュラムを変えることは難しいですが、家庭内でできることはあります。

毎月、決まった一定額をただ与えるだけでは子供のお金に関する思考を育めません。

幼児期のときから本人のお小遣いの中から、お菓子を買わせて、見守りながらレジでお支払いやつり銭をいただく経験もさせるなど工夫しながら子育てをしていきたいものですね。

算数が得意になる近道!3・4歳児は数を30まで順番に数えるより、4までのものを数えるよう誘うのがよい理由とは

どーも、あびパパです。

我が子に算数が得意になって欲しいと願うママやパパも多いのではないでしょうか。

わたしも4歳と1歳の子をもつ親として、算数にせめて苦手意識がないようにしたいなと思っているところです。

そのために、例えばお風呂場で「1から30まで数えること」などを今までも行なっていました。

しかし、3・4歳ともなれば、数を順番に数えること以上に「4までのものを数えるよう誘うこと」のほうが数とは何かを知るのによいようです。

では、その理由を見ていきましょう!

そもそも3・4歳児はまだ数がよくわかっていないことを理解すること

3・4歳児にとって「数える」とは、「1から10まで数字を唱えること」だと思っている子が多い時期です。

また、ひとつずつ数えられる子も、「数えた最後の数が全体の個数を表すこと」はわかっていない場合がよくあります。

数が唱えられても、「全部でいくつ?」はまだ難しい時期です。

また、「どっちが多い?・少ない?」と聞いても、見た目で判断して答えがちな時期でもあります。

4までのものを数えるよう誘うのがよい理由とは


3・4歳児は「数とは何か」を学び始めるのに適した時期です。

4個のものを数えるには、ひとつずつ指差しながら、「1、2、3・・・」と数字とものを1対1で対応させていき、「"4"で数え終わったから、全部で4個」と判断できなくてはなりません。

今はちょうど、このような「ものの数え方」を、実際に手を動かしながら学び始める時期なのです。

「ものの並べ方を変えても、全体の数は変わらない・・・」

これも、この時期に学びたい大事な数の原理です。

大きな数まで唱えるより、数個なものを数える体験を通してこうした原理に気づき、「数とは何か」を理解していくことこそ、将来の算数のベースになります。

算数好きになるには五感をフルに使って数にふれる体験を増やすことがポイント

日常生活の中で数を使ってみよう

3・4歳児の場合、日常生活の中で数に触れさせるのが望ましいです。

普段の生活の中には、数にふれるチャンスがたくさんあります。

例えば、ふたつのお皿に違う数のおやつを入れて、「好きなほうをとってね。どっちが多いかな?」などと声をかければ、真剣に数えてくれると思います。

「次は、ビスケットを数えよう」などと、「数えられるもの」を見つける楽しみが、生活の中にはたくさんあります。

視野や視覚をはじめ、聴覚、味覚、臭覚もフルに使って、数の豊かなイメージを育てていきましょう。

こんな言葉をかけてみよう

食べて数える!ときの誘う言葉例

グリーンピースはご飯の中にいくつ隠れているかな?」

親子での食事中、「 ○○君は、1、2、3・・・グリーンピースが6個入ってた!ママは5個!」などとご飯タイムを楽しみましょう。

ふれて数える!ときの誘う言葉例

「ビスケットをひとりにふたつずつ配ってね」

お友達とのやりとりの中で、「ビスケットをふたつどうぞ」と渡してあげます。

渡す側も受け取る側も数の概念が学べると同時に、「どうぞ」や「ありがとう」など人としての思いやりも養われますよ。

遊びの中で数のイメージを育てよう


男の子、女の子問わずおままごとは数のイメージを育てるのに適している遊びです。

例えば、チョコがかかったドーナツのセットを5個、同じくイチゴがかかったドーナツのセットも5個用意します。

そして、子どもにドーナツの店員さんをお任せします。

パパやママ、ぬいぐるみなども参加させてお客さん役を作りましょう。

店員さんである子どもに向けて、「うちの家族は、みんなドーナツが大好きなの。パパの分とママの分とうさぎさんの分と、ネコさんの分、全部で4個ね」などと家族になりきって注文しましょう。

これは誰々の分と思い浮かべながらドーナツを数えることで、大きめの数にも楽しくふれられます。

他にも、「チョコ2個とイチゴ3個をください」など注文の仕方も変えてみましょう。

「全部で5個いただきます」などとやりとりすれば、2個と3個で5個になるなども自然と覚えていきますよ。

最後に

いかがでしたか?

子どもの可能性は無限大です。
算数に限らず、子どもが学ぶことが好きになるためには、わたしたち親の接し方も大切だと思います。

「3・4歳児の子どもがまだできないのは当たり前」と、心に余裕をもって接したいものです。

親子で一緒になって楽しみながら、子どもが数の原理を覚えていき、算数が好きになるようサポートできる親でありたいですね。

キッズフル市川に4歳の子供とおでかけ!施設の詳細や料金50%オフのお得なクーポン情報、注意点や遊びに行ってよかったと思う10個のことをご紹介します!

どーも、あびパパです。

4歳の長女と屋内で遊べるキッズフルに行ってきたので、混雑状況や施設の詳細、お得なクーポンなど感想や注意点をご紹介したいと思います。

滑り台やボールプールなど大きな遊具で遊べるのはもちろん、スタッフが常駐しているのも安心できます。

遊びと学びが満喫できるキッズフルの魅力をお伝えします。

キッズフルへのアクセスと注意点

キッズフルはJR総武線市川駅北口から徒歩1分、市川ビルの8階にあります。

市川駅は快速停車駅でもありますので、電車がおすすめになります。

車でお越しの際は、2点ほど注意が必要です。

ひとつは、国道14号がメインとなりますが、平日・土日祝日問わず渋滞が発生すること。

ふたつ目は市川ビルには車専用の駐車場がありません。駅前ですから、タイムズなどのコインパーキングはたくさんありますが、すべて有料になります。

市川駅構内にあるシャポー市川というショッピングセンターの駐車場であれば、お買い上げ2,000円以上で1時間無料、お買い上げ5,000円以上で2時間無料になります。


キッズフルの営業時間や料金プラン


利用するには会員登録が必要(登録無料)

生後6か月の赤ちゃんから9歳までの子供がご利用できるキッズフル。

キッズフルの営業時間は平日は10時30分から18時まで、土日祝日は10時から18時までです。

キッズフルを初めて利用する場合、会員登録が必要です。登録の際には、免許証や保険証などの証明書が必要なので忘れずに持参しましょう。

まずは受付に並び、スタッフからご利用にあたっての注意事項の説明を受け、申込書に必要事項を記入します。

登録時の費用や年会費はかからないのでその点は嬉しいですね。2回目以降、会員カードを忘れた場合でも、その旨をスタッフに伝えれば、お名前で検索し入場できるのでご安心ください。

料金プランは2パターン

気になる料金は、30分単位ごとの料金である「基本プラン」と1日遊び放題の「フリーパスプラン」があります。

「基本プラン」は、はじめの30分400円・以後30分ごとに200円になります。

一方の「フリーパスプラン」は平日800円、土日祝日1,000円です。

平日は90分以上、土日祝日は120分以上であれば、「フリーパスプラン」がお得になります。

注意しなければならないことは、「フリーパスプラン」には1日の発行枚数に上限がありますので、特に混み合う土日祝日は営業開始時間からの入場をおすすめします。

ネックなのは、大人も子供も同一料金がかかること。

例えば、家族4人で土日祝日「フリーパスプラン」だと、4,000円になります。

大人1人につき、子供3人まで入場可能なこと、大人は交代が可能(フリーパスプランのみ)なことから、パパとママは上手に入れ替わるのもひとつの策かもしれませんね。

また、「フリーパスプラン」の場合、途中の入退場も可能になります。

お得なクーポンを使って入場しよう

初回時はお得なクーポンを使って入場しましょう。

LINE登録で、大人の料金が50%オフになりとってもお得です。

土日祝日フリーパスプランであれば、親子2人で2,000円のところ、1,500円で1日満喫できることになります。

キッズフルをLINE登録すると以下のようなメッセージが入ります。

この画面をスタッフに見せることで割引が受けられますので簡単です。

ちなみに、キッズフルのお会計はすべて後払いになり、今のところ現金のみの取り扱いです。

入場口ではペッパー君がお出迎えをしてくれます。


子連れに嬉しい設備やサービスが充実

キッズフルは、子連れに優しい設備がひと通り揃っています。

受付の手前に、ベビーカー置き場があります。


入場し、靴箱に靴を置いたあとは、バスケットに荷物を置くことができます。

財布などの貴重品は暗証番号付きの小型ロッカーへ入れましょう。

おむつ替えスペースや授乳室もあります。

こどもトイレも充実しています。

男の子の小便器用も完備。
洗面台の高さも子供向けです。

また、おむつが足りなくなったときは、販売もされております。パンツも販売してますので、予定外のお漏らしには強い味方です。

飲食の注意点として、離乳食以外の持ち込みは禁止となっております。

飲食をする際は、キッズフル内にあるカフェエリアをご利用することになります。

カフェエリアのメニューをご紹介

キッズフル館内に、カフェエリアが併設されています。

赤ちゃんにも優しい、クッションフロアや椅子も用意されていますので安心して利用することができます。

ご利用方法は、カウンターにて注文します。

お会計は後払いのため、入場時に受け付けた番号をお知らせします。(保護者は受付の際、番号付きの札を首にぶら下げて入場します。)

こちらは、メニュー表。
メニューも豊富ですし、ソフトドリンクは100円で購入できます。

ランチタイムは11時から15時まで。
子供には、カレーライスやキッズプレートが人気のようです。

大画面テレビにもメニューが表示されています。

あびパパ親子は、焼うどんとおこさまカレーを注文しました。

気になる味はというと、充分に満足できるクオリティでした。

失礼な話ですが、こういった施設に併設されているカフェって値段の割に満足できないことが多かったのですが、飲食持ち込み禁止にしているだけあって、普通に美味しかったです。

個人的には、注文したアイスコーヒーがめちゃくちゃ美味しく感じましたが(笑)

遊べる5つのエリアをご紹介

キッズフルは、5つのエリアで遊ぶことができます。

アスレチックマウンテン

入場口を入ると、アスレチックマウンテンエリアがあります。

からだ全身を使った遊びで、ひとつひとつ判断する楽しさを味わうことができます。

最近、流行りのボルダリングがあるのも嬉しいところ。

上手な子は、積極的にチャレンジしていますね。

うちの娘にもチャレンジして欲しかった(泣)

こちらは、ターザンブランコ。
子供がボールに飛び乗ったあと、大きく揺らしてあげると喜びます。

屋外の公園では、あまり見かけない遊具なので楽しさ倍増です。

イエローブリッジと呼ばれるアーチ型の橋もあります。

イエローブリッジを超えると・・・

トンネルがあります。

トンネルを抜けた先には、海のプール、スマイルオーシャンエリアへ抜けることができます。

年長さんともなると、黄色い鉄棒をぶら下がりながら、このトンネルを抜けている子も!

うちの娘は慎重派です(笑)

スマイルオーシャン

スマイルオーシャンエリアは、子供が大好きなボールプールゾーンです。

ちょっとレアなボールも隠れていて、子ども心をくすぐります。

なかなかの広さの海原。
10時開店直後なので、混雑もしていませんでした。

海賊船の滑り台は子供に大人気です。

なかなかの迫力。

赤ちゃん向けの滑り台もあるのが嬉しい。
ウレタン遊具に乗って楽しむこともできますよ。

バイキンマンボールもありました。

バスケットリングや丸い穴にボールを投入!
これは、大人も楽しめる(笑)

海賊船はこんな感じです。

やはり、子供たちはボールプールが好きですね。

スマイルオーシャンエリアは広いので、大人も一緒に入って楽しめるのもよかったです。

アクティブフィールド

アクティブフィールドはその名の通り、身体をめいっぱい動かして遊べるエリアです。

柔らかなマットの上を走ったり、でんぐり返しをしたりして楽しめます。

人が少ない時間なら、赤ちゃんのハイハイにもいいですね。

遊具を組み合わせて遊ぶのも楽しい!
この上を歩けばバランス感覚も養えますね。

アクティブフィールドでは、ほぼ毎日イベントも開催されています。

この日は、11時30分からハッピージャムジャム体操、14時30分からたこやきマントマン体操が行われていました(^^)

アクティブフィールドにはキューブベースもあります。

キューブベースは手足をしっかり使って、登ったり潜ったりできる立体型の迷路のような遊具です。

「遊びの中で、脳が育まれる」

まさに、そんな遊具です。


フルフルグラウンド

フルフルグラウンドは、乗り物に乗りながら遊べるスペースやさらさらの砂場があるエリアです。

男の子は乗り物が大好き。

こちらは、フルフル砂場。

室内でも安全に遊べる砂場です。

なぜか、大きなマカロン

抱えたくなる気持ちわかります(笑)

かわいいアイテムの型ぬきも楽しめます。

さらさらタワーと勝手に命名(笑)

砂場から出るときは、専用のほうきでよく砂をはらいましょう。

わたしの4歳の子供でも、長時間におよび遊んでいたフルフル砂場。

写真は開店間もなく人も少ない時間でしたが、お昼過ぎのフルフル砂場は大人気!

子供たちいっぱいで溢れていました。

お山をつくったり、ショベルで砂を救ったり、乳幼児でも楽しめる砂場は魅力満載です。

南国の白浜に来たかのような、さらさらな砂なので大人にとっても新鮮な砂場ですよ。

ベビー&トイガーデン

ベビー&トイガーデンでは6か月の赤ちゃんも楽しむことができるエリアです。

ベビーエリアでは、乳幼児向けの玩具もあり、ハイハイしている赤ちゃんでも安心して遊べます。

アンパンマンのぬいぐるみや小さな滑り台もあります。

ままごとハウスではお料理もでき、特に女の子には嬉しい場所。

豊富なキッチンの数々。

料理の完成です。
なぜか、わたしの娘は海老をたくさん盛り付けました(笑)

衣装替えができるコーナーもあります。

衣装を着て写真撮影もできます。
衣装を着たまま遊ぶのは注意してくださいね。

その他にも、知育トイなどがたくさんありました。

こちらは木の玉を転がすと、音楽が奏でられます。

木のおもちゃって素敵ですね。

キツツキがいる大木もありました。


まとめ

いかがでしたか?

キッズフルは乳幼児の五感を刺激し、遊びの中で身体や脳を楽しみながら鍛えることができる場所だと感じました。

あびパパがよかったと感じた10個は以下の通りです。

POINT

① 遊びながら身体を鍛えられるところ
② 遊びながら脳を鍛えられるところ
③ 授乳室や子どもトイレなど設備の充実度
④ 雨天や気温などに左右されないところ
⑤ フリーパスプランなら出入り自由なところ
⑥ 親の途中交代ができるところ
⑦ スタッフがいて安心なところ
⑧ おもちゃの種類が豊富なところ
⑨ 食事が美味しかったところ
⑩ なによりも子どもが楽しそうだったところ

あえて言うならば、大人料金か子供料金のどちらかは半額にして欲しーなー

だって、必ず親の付き添いが必要なわけですからね。

料金的に平日に行ける方はそちらをおすすめします。

また、混み具合を考えると開店時刻から入るか、15時以降に入ると空いていますよ。

暑い日や寒い日、また雨の日などは特に有難いキッズフルで子供と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

子どもが好きなことを見つけるために親ができるたったふたつのこと

どーも、あびパパです。

好きな仕事をしたい!

でも、好きなことが見つからない!

という高校生や大学生、大人の人も多いのではないでしょうか。

わたしも現在している仕事は生活のためが一番の理由であることも確かです。

しかし、

アラフォー世代のわたしが社会に出始めた1990年代とは違い、現代社会は個人の好きなことを自由に発信できる世の中になっています。

わたしは自分の二人の子どもに、将来好きなことでメシが食える大人になって欲しいという思いがあります。

会社員でもフリーランスでもいい。

とにかく好きなことをして楽しく生きて欲しいのです。

この記事では、子どもが好きなことを見つけるために親ができるたったふたつのことをご紹介したいと思います。

①親が楽しく生きている姿を見せること

子どもがいる幸せに感謝

まず大前提として、親が楽しく生きている姿を見せることはとても大切です。

仕事や家事・育児、そしてお金のやり繰りなど日々大変ですよね。

しかし、それらもひっくるめてとにかく楽しむこと。

無理に笑っていても子どもには響きません。

日常生活の中、不安や不満もあるかもしれませんが、我が子が自分の子どもに生まれてきてくれたことに感謝し、親子で楽しむ時間を多く作ることが大切です。

目標計画を立てる

親子での"遊び"の中でも、目標計画をたてるとよいです。

例えば、砂遊びをするにしても親はそんなに楽しいことではないかもしれません。

しかし、子どもと一緒になって砂場を掘り、「次は川を作ってみよう」など、子どもの想像力を膨らませてあげることにフォーカスしてみてはいかがでしょうか。

きっと子どもの脳はより育まれ、将来の勉強や想像、創造力によい影響があると思いますよ。

ママが一人で楽しめる時間を作る

ママがニコニコ笑っている家庭は子どもの心も安定します。

しかし、現代の日本は核家族化が進んでいますし、パパは残業で遅いためワンオペも珍しくないため、ママのストレスは溜まるばかりではないでしょうか。

そんな中でも、ママがリラックスできる時間を作りたいものです。

たまにはパパに子どもを任せてママも友達とランチしたり、好きな映画を観たり、カフェでコーヒータイムなどの時間を作ってみてはいかがでしょうか。

あびパパ家でも、わたしが二人の子どもを見て妻がママ友とランチできる機会を作っています。

もちろん逆もあるわけで、お互い様です。

やはり、自分の時間を少しでも持つことは親自身が楽しく過ごすためにも大切なひとときだと思います。

②体験を増やし、自己肯定感を高める

机の上の勉強よりも大切なことを伝える

親子で楽しむ中で意識したいことは、子どもに様々な体験を増やし、自己肯定感を高めてあげること。

乳児期であれば、ご飯を全部食べたとか、積み木を少し重ねることができたなど本当にちょっとしたことでも、パチパチ手を叩きながら少し大袈裟なくらいに褒めてあげること。

年長さんくらいになれば、アスレチックやキャンプ、山登りなどに出かけ親子で体を動かす体験を積むとよいと思います。

子どもは元来、体を動かすのが好きです。
将来の肥満やうつ病対策のためにも、外で体を動かす喜びと楽しさを脳に植えつけましょう。

ときには親の好きなことに付き合わす

ときには親の趣味や好きなこと、好きな場所に連れていくのもよいと思います。

子どもにばかり合わせていては、心から親も楽しめません。

わたしは野球が好きなのですが、家で野球中継を見ていると4歳の長女に「野球じゃなくて、○○見たい」と言われます。

しかし、千葉ロッテの応援にマリンスタジアムに家族で出かけたときには、楽しかったようでまた行きたいと言ってくれています。

実際は野球が楽しかったわけではなく、球場の雰囲気やマスコットのキャラクター、売店など非日常で新鮮な感覚だったからだと思います。

まあ、球場でかき氷を買ってあげたからかもしれませんが(笑)

頻繁だと嫌がられますが、ときには親の趣味に付き合わせるのもよい経験になりますよ。

行動できる人とできない人に分かれる

人は行動にすぐできる人とできない人に分かれます。

遺伝的な要素もありますが、行動にすぐできる人は"できた"という成功体験をより多く積んでいて、自己肯定感が高いためだと思います。

子どものときから、

「とにかく、やってみること」

を合言葉に行動力を身につけさせてあげることでチャレンジ精神が生まれてくるのではないでしょうか。

最後に


いかがでしたか?

大人になり仕事や育児に追われていると、自分の好きなことや趣味を忘れかねません。

しかし、子どものころ何が好きだったかな?

と、振り返ると自分の好きなものの原点のようなものが見えてきませんか?

自分の子どもたちもきっと同じだと思います。

親が楽しく生きている姿を見せると同時に、子どもと一緒になってやりたいことをやったり行きたいところに行く。

子どもにとっていろいろな体験を増やすことで、好きなことを見つけられる可能性が広がるため、ぜひ親子で楽しむことを心掛けてみてはいかがでしょうか。

1歳4か月の息子が卒乳できた話!あびパパ家ではこうして卒乳できました!

どーも、あびパパです。

我が家ではずっと悩まされている出来事がありました。

それは、息子の夜泣き。

日中は眠いときやお腹が空かない限り泣くこともなく大人しい我が息子。

しかし!

真夜中の時間になると必ず大泣きタイムが始まるんです。

そして、ママのおっぱいに吸い付かなければ永遠泣いています。

必ず夜中に一度や二度は私も妻も目を覚まし、寝不足のまま朝を迎えることもしばしば。

そこで、

妻と話合い卒乳計画を実施しました。

結果として7日間かかりましたが、息子は卒乳することができたので、その軌跡をお伝えし、参考にしていただける家族がいれば幸いです。

いい加減「卒乳強制計画」に至った理由

とはいえ、まだ1歳4か月ですから、まだ無理やり卒乳させなくても良いんじゃないの?という思いがありました。

しかし、4歳になる長女も最近では息子による夜中の大泣きにより、目が醒めることがあり、睡眠の質が落ちていました。

長女が寝不足のまま朝を迎えるのは脳に悪いと思い、いい加減「卒乳強制計画」を決行することになった次第です。

卒乳にはパパの協力が不可欠!


なぜ、息子はママのおっぱいがなければ寝続けられないのか。

卒乳するためにはどうしたらよいのか。

それは、

「そこにおっぱいがあるから」

ということで、

強制的におっぱいを排除することにしました。

そのためには、パパの協力は不可欠です。

わたしの甘い計画では3日あればなんとかなると思い、とある9月の3連休にわたしと息子の二人だけで寝るということを宣言しました。

土日祝日の3連休でしたから、金曜日の夜から
始めたわけです。

甘くはなかった息子の怪獣ぶり、地獄の7日間を振り返る

洗礼を受けた1日目

金曜日の初日。

当然のように真夜中の2時に息子は泣き出しました。

大泣きしながら、徘徊するようにおっぱいを探します。

わたしにはおっぱいがありません。

息子を落ち着かせるには、背中をトントンだと思っていましたが、トントンをしようとすると強く手を払われます(汗)

卒乳の前に「 やめろー!」という声を発するのではないかという勢いです(笑)

そして、怪獣のような大きい声で泣き叫び続けます。

今度は、抱っこしてなだめようと思いましたが、怪獣化した息子は止められません(泣)

抱っこしようとした手も振り払われ、わたしの手段はあっけなくなくなり、結果無視して横になるしかありませんでした。

気づいたときには、わたしも息子も疲れ果て二度寝に入っていました。

結果、3時くらいまでの一時間は大泣きしてましたね。

てなわけで、初日の洗礼を受け、土曜日は寝不足でした(泣)

2日目に軌跡が起きる

何もできなかった初日。

2日目の夜も特に手立てはありません。

結局、泣き叫んでも心は痛いものの無視して寝続けるしかないのかと迷走しながら就寝。

・・・

すると、気づいたときには朝だったのです。

別の部屋に寝ていた妻に聞いてみたところ、「昨夜は鳴き声全然聞こえなかったし、朝まで夜中起きずに寝てたみたい」と言われ、感無量。

と、同時に「余裕じゃん!」

とわたしの中に芽生えた慢心。

そんな甘い世の中ではないということを次の日、息子はわたしに教えてくれました。

3日目に再び怪獣化、しかもパワーアップ

余裕、余裕。

と思いつつ寝に入ったのも束の間。

魔の深夜2時代がやってきました。

案の定、息子は大泣きし怪獣化しています。

この日は暑かったこともあり、わたしと息子が寝ている和室の襖をあけていました。

息子は大泣きしながら、歩き始めます。

和室を大泣きしながら出て行き、ママを探している様子。

しかし、ママは別の部屋にいるため息子は見つけられません。

すると大泣きし叫びながらリビングのドアをバンバン叩きます!

あわてて息子を和室に戻し、襖を閉めます。
その後も大泣きは続きましたが、やがてお互い疲れ果ていつのまにか二度寝に入りました。

やっぱり甘くないと痛感(泣)

運命を分ける4日目

3日断乳すれば、「おっぱい卒業」と思い込んでいたわたし。

次の日は仕事だったため寝不足にはなりたくない!!

という思いと、

この3日間を無駄にしたくない!

そして、2日目の奇跡がまた起こるのではないかという期待の中、息子と二人で4日目も就寝に入ります。

・・・

案の定、大泣きでした(泣)

結局、寝不足のまま会社に行き辛かった。。。

5日目にして耳栓を買う

寝不足のまま仕事をするのは辛いということで、よーやく耳栓を買うという行動にでました(笑)

5日目も夜中に息子は泣き出しましたが、この日は背中をトントンすると落ち着いて寝た様子です。

わたしは、耳栓のおかげで息子の怪獣化に鈍感になり夜中に起こされる辛さが緩和されたのかと思いましたが、妻いわく「昨夜は一瞬泣いてたけど、すぐ落ち着いてたよね」と。

おー、耳栓もさることながら息子の夜泣きが落ち着いてきたのかと希望を持ちました。

6日目も夜泣きが落ち着く

この日も耳栓をばっちり付け、息子と二人で就寝。

この日も真夜中に一瞬、うーうー言いながらも怪獣化までは至らず、背中をトントンしたらあっさり眠りにつくではありませんか。

7日目にはとうとう朝まで就寝

7日目にはとうとう真夜中に起きることもなく、朝まで寝ていた我が息子。

やればできるじゃないか!と思った瞬間でもありました。

こうして息子との7日間に及ぶ卒乳計画を終えることができました。

最後に


奇跡の2日目を除く最初の4日間は寝不足になり辛かったけど、息子が卒乳できて、もはやいい思い出です。

今では、以前と同じように妻、長女も含め和室に4人で寝ていますが、息子も夜中におっぱいを求めることもなく寝れています。

今回の件で、

我が家のケースでは、とにかくおっぱいの強制排除によりなんとか卒乳できたということ。

そして、

もうひとつ意識していたのは夜ご飯をたくさん食べさせて、お腹いっぱいにして寝させたこと。

この2点により卒乳できるようになったのではないかと思います。

世のお父さん。。。

とりあえず頑張って(笑)

ちなみに耳栓はダイソーに売ってます。

以上

【子育てパパ必見】もっとパパになるための子どもとの距離が縮まる7つのヒントとは

どーも、あびパパです。

パパは普段からお子さんとコミュニケーションをとっていますか?

パパが主体的に子育てに参加することで子どもとの距離はグッと近いものになり、親子関係に信頼が生まれます。

この記事では、「 もっとパパになるための子どもとの距離が縮まる7つのヒント」をご紹介したいと思います。

ぜひ世の中のパパにお読みいただきたい記事ですが、子育てブログを見ているようなパパならすでにイクメンですよね(笑)

ママならパパへ伝えていただければと思います。

もっとパパになるための子どもとの距離が縮まる7つのヒント

①パパと子ども二人の時間を作ること

子どもとの距離を縮めるには、保育園の送り迎えなど、たった5分でもパパと子どもが二人きりの時間を共有することが大切です。

会話や言葉遊び、ゲームが生まれ、子どもとの距離が縮まりますよ。

②家族との食卓を大事にすること

家族がそろってご飯を食べる時間は、そう何年もできることではないのではないでしょうか。

例え手が離せない状況でも、好きなことをしていても、家族で食卓を囲むことの方が大切です。

親がご飯そっちのけでスマホを見ているなんてことはもってのほかです。

残業で帰りが遅くない限り、パパが先頭を切って家族で食卓を囲めるようにしましょう。

③たまには平日に、子どもへお土産を

食べ物以外のお土産を平日に、フラッと買って帰る。

絵本やおもちゃ・服など、子どもが喜んでくれるかなと思えることが大切。

子どもの反応が見られる貴重なチャンスです。

わたしの4歳の長女はディズニー・プリンセスシリーズのシールやパズルを買って帰ると喜びます。

500円未満で購入できるので財布にも優しくて、子どもも喜んでくれるので有難いです。

④自分がしたいことに子どもを巻き込もう

パパも仕事が忙しいため、余暇の時間に自分のやりたいことを楽しみたいのも本音のひとつ。

しかし、時間はあまりありませんよね?

いっそのこと子どもを巻き込んじゃいましょう。

英会話や音楽、息子とプラモデルやミニ四駆、娘とディズニー映画を観るなど親子で楽しめることを作るのも大切です。

⑤予想絵日記を描いてみる

これからの休日の出来事を予想して、パパが一人で絵日記にしてみるのも面白いです。

あらかじめイメージや計画、言語化することで実現に近づきます。

「 行き当たりばったりの旅に出る」のも、もともと計画していたのと結果としてそうなってしまったのとは、楽しさが全然違います。

⑥家族の合言葉を作ること

夫婦で何を大事にしたいのかを話し合い、「 家訓」を見えるところに貼り出すこと。

それに反した場合は、誰かがすかさず指摘すること。

あびパパ家では以下6つの教訓を貼り出しています。

◉元気にあいさつをしよう
◉感謝の気持ち『ありがとう』を言おう
◉プラスの言葉を心がけよう
◉好きなことを楽しもう
◉食べものをおいしく味わおう
◉たくさん旅をしよう

必ず子どもが大人になったとき、生きる指針になると信じています。

⑦家族で何かを目指すこと

「 欽ちゃんの仮装大賞」に出てくる家族のように、家族がチームとなって団結し一つの目標に向かうこと。

「 ボウリングで全員合計で400点を目指す」「 カラオケで全員合計で300点を目指す」などです。

「 達成したらみんなでアイスクリームを食べよう」などとすると子どもはダブルで嬉しいことでしょう。

最後に

いかがでしたか?

パパも積極的に育児に参加することで、子どもだけでなくママの笑顔もきっと増えます。

ワンオペは本当に大変なんです。

わたしもワンオペを経験しているのでママの気持ちがわかります。

だから、ママへ労いの言葉をかけることも大切なこと。

ママが笑顔でいる家族、夫婦が仲の良い家族は間違いなく子どもが真っ直ぐ育つと思います。

「 もっとパパになるための子どもとの距離が縮まる7つのヒント」を参考にしていただければ幸いです。

【習い事はコスパで考える】水泳教室は5歳児から始めるのが最もよい4つの理由

どーも、あびパパです。

子どもの習い事で水泳教室を考えているご家族も多いのではないでしょうか。

我が家も4歳の長女に水泳を学ばせたい思いがあります。

しかし、

「子どもの意思」「送り迎えを含めた習い事の時間」「お金の問題」など考えることはいくつかありますよね。

あびパパは総合的に見て「水泳を始めるのは5歳児から(年長さん) 」が最もよいのではと考えています。

この記事では、水泳教室は5歳児から始めるのが最もよい4つの理由をご紹介したいと思います。

いつから始めてもよい家庭もある

大前提として5歳児から水泳を始めるのがよいと考えるのは、あくまで冒頭にも書いたように「子どもの意思」「送り迎えを含めた習い事の時間」「お金の問題」などを総合的に見た場合です。

ですから、3歳児でも子ども自身が「めちゃくちゃ水泳やりたい!」とか今の時点で住宅ローン返済の見通しがあったり、子どもの大学進学費用も用意できているくらいお金に余裕がある人は、いつからでも始めてください(笑)

5歳児から始めるのが最もよい4つの理由


水泳の場合、その教室にもよりますが週1回だと7,000円、週2回だと10,000円みたいな料金設定があります。

水泳はひと通りの泳ぎをマスターすると、あとはタイムがメインにになります。

理由① 身体の発達に合わせて始めるのがコツ

子どもに水泳を習わせる目的は「丈夫な体に育てたい」「泳げるようになって欲しい」という理由が多いと思います。

特に水泳選手にしたいと思わなければ、ひと通り泳ぎをマスターするところがひとつの区切りになるでしょう。(タイムに入ったその先はその時の子どものモチベーション・意思に任せましょう)

ひと通り泳ぎをマスターすることを目標とすると「子どもの神経系の発達」「体力面」「精神面」を考えたとき、小学校低学年から中学年にかけての期間が最も適していると考えます。

以下は子どもの神経系の発達を曲線グラフに示したものです。

スキャモン曲線と言いますが、水泳は5歳〜10歳くらいの間がベストと考えられます。

理由② 平日の放課後を効率的に使うこと

上記の料金体系の水泳教室であれば、週に2回のペースでできると最もコスパはよいでしょう。

平日の放課後の時間に水泳教室に2回通うことができれば、効率的だと思います。

教室にもよりますが、人気の高い土曜日の時間は生徒数が多く上達速度が遅くなるという懸念も考えられます。

理由③ 送迎バスに乗れること

住んでいる自宅や学校から水泳教室までの距離にもよりますが、小学生になると送迎バスを乗り一人で教室に向かうことも可能です。

習い事は送り迎えの労力も考えなければなりませんので、送迎バスを使えると親はグッと楽になります。

理由④ そもそも未就学児には早すぎる

3歳児くらいから水泳を始めても、結局あとから入会してきた5歳児にあっという間に追い抜かされるという話を聞いたことがあります。

幼児期の1〜2歳の差はもの凄く大きいので、理解できる話ですね。

運動センスがあり3歳児から入会し、よいペースで進級しているようなタイプの子は5歳児から入会しても結局よいペースで進級すると思います。

しかし、そうでもなければ上達する速度もゆっくりのためコスパは悪いと感じます。

また、子どもが「(水泳教室に)行きたくない」と言い出すこともしばしば。

泣きながらでも無理に連れて行くには、まだ早い月齢だと思います。

小学校入学前には入りたい理由

未就学児にはまだ早いと言いつつも、5歳児の年長さんから入会するのはよいと思っています。

理由① 小学1年生は環境変化が大きい

5歳児からというのは年長さんの1年間は水泳教室に慣らすためという意味があります。

小1の春から入会となると生活の変化に子どもが対応するのが大変です。

ただでさえ小学校に入学し、友達や先生との出会い、授業や宿題を含めた新しい環境になっているわけですから、そのタイミングで水泳教室にも入会させると子ども自身が大変だと思います。

ですから、水泳教室には小学校に入学する半年くらい前までには入会しておきたいところです。

理由② 指導員の人間性と技量を見極める

水泳教室に入会し、進級していく目標の中で大事になってくるのは指導員の人間性を含めた技量です。

指導員によって子どもの上達はまったく変わります。

5歳児から入会し、1年間の間に「指導員の人間性や技量を見極めること」、「ママ友などから情報を得ること」が大切です。

そして、小学1年生のころにはよい指導員のカリキュラムに曜日を合わせられるよう調整したいところです。

すでに小学生になっている近所のママさんたちに聞いても、口を揃えて言っていることなので指導員によって上達はまったく違うと考えていいでしょう。

最後に

いかがでしたか?

よく水に慣れさせるためにも入会は早い方がよいという意見も聞きますが、水に慣れさせるために月額7,000円はコスパが悪いです。

水に慣れさせる方法はお風呂や夏に開放している公園の噴水、幼児向けの浅いプールなど他にもあります。

我が家ではお風呂で子どもにがんがん頭からお湯を掛けています。

1歳の息子も初めは泣いていましたが、今は平気です。

結局、"慣れ"なんですよね。

水泳を5歳児から始めて小学4年生(10歳)までにひと通りの泳ぎができれば御の字ではないでしょうか。

周りと比較することなく我が子が楽しく水泳教室に通えるように親としてはサポートしていきたいですよね。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

コープ組合員なら絶対に加入したいコープ共済『たすけあい』家族を守る個人賠償責任保険特約って?

どーも、あびパパです。

我が家は共働きということもあり、生活協同組合コープの組合員になっています。

組合員になった一番の理由は食事の準備が助かることに他ならないのですが、もうひとつ大きな理由があります。

それは、組合員であればコープ共済に加入できること。

その中でも、個人賠償責任保険特約を付加することができる「 たすけあい」という保険を子どもがいるご家庭には強くお勧めします。

なぜなら、たった140円をプラスするだけで最高3億円もの賠償責任をカバーできるからです。

個人賠償責任保険特約に加入した理由

わたしには4歳の長女と1歳の長男がいます。

いつ何かしらの加害者や被害者になるかは誰にもわかりません。

もちろん故意に人を傷つけるような子どもに育てるつもりはありませんが、事故は本当にいつ、どこで、どのように起こるかわかりませんので個人賠償責任保険特約は必要だと感じています。

以下に実際にあった個人賠償責任の判決例をご紹介します。

2013年 神戸地裁の例

事故が起きたのは08年9月の夜。神戸の小学5年生の児童が自転車で暗い坂道を下った際、62歳の女性と正面衝突。女性は頭を強く打ち、脳挫傷の重傷。一命は取り留めましたが、意識障害、四肢拘縮の後遺障害が残りました。被害者側が裁判を起こすと、神戸地裁が自転車事故の加害者に9500万円の賠償責任命令を下しました。

このように、たった一瞬の出来事で1億円近い責任を負いかねないことが起きるのが事故です。

他にも、公園で遊んでいた小学生の子どもが蹴ったボールが自転車走行中のおじいちゃんに当たり転倒、また、同級生の目にボールが当たり失明した賠償責任を親が負いかねない例はたくさんあります。

このような理由から、お子さまがいるご家庭では特に加入をお勧めしたいわけです。

コープ共済「たすけあい」とは


個人賠償責任保険は単体での販売はありません。

火災保険やクレジットカードに付帯している場合もあるためご確認していただければと思います。

わたしがお勧めするコープ共済『たすけあい」は、4つのコースから選べることができ、0歳〜満64歳の人が加入できます。

また、満19歳までのお子さまが加入できる「ジュニア20コース」は月掛金も1,000円〜というリーズナブルさもあり、あびパパ家ではこちらに加入しています。

月掛金1,000円+個人賠償責任保険特約140円=月額料金1,140円

たった月1,140円で子どもの入院費1日目から日額6,000円の支給や億単位の賠償責任を負いかねないリスクを下げられるのですから安心料としては充分ではないかと考えています。

コースは他にも「女性コース」や「医療コース」、「ベーシックコース」などもありますので、各ご家庭で最適な保険を選んでいただき、個人賠償責任保険特約を付加していただければと思います。

《たすけあい》|ジュニア20コース:特長|加入をご検討の方|コープ共済

最後に

いかがでしたか?

確率の問題で考えれば人生において何億円の請求をされるようなことは少ないと思います。

しかし、あびパパ家のようなごく一般の家庭があっという間に加害者になるケースは交通事故や不慮の事故だと考えます。

ですから、備えあれば憂いなしということで、個人賠償責任保険特約に加入しています。

大切な家族を守るためにもご検討してみてはいかがでしょうか。

災害リスクで一軒家の購入は危険!?あびパパがマンションを購入した5つの理由

どーも、あびパパです。

わたしは千葉県我孫子市我孫子駅近くに中古マンションを購入しました。

住宅を購入するにあたり、はじめに考えたのは一軒家を購入するのか、それともマンションを購入するのかということ。

結果的にマンションの選択をしたわけですが、それにはわたしなりの理由が5つありましたのでご紹介したいと思います。

一軒家vsマンションで迷われている方の参考になれば幸いです。

マンションを購入した5つの理由

①価格の優位性

わたしは持ち家を購入するにあたり駅まで10分以内のところを優先し、代わりに車を手放すということを決意しました。

毎日の通勤や駅周りに充実している施設(スーパーや子どもの習い事など)のことを考えると極力駅に近いほうが便利だと考えていたからです。

しかし、駅から10分以内の一軒家となると土地の価格が跳ね上がるため、住宅ローンを極力組みたくないわたしの価値観ではとても手が出せなかったということがあります。

わたしが2014年に購入した中古マンションは築20年、駅から徒歩7分、小さめの3LDKで1,500万円(相場は2,000万円ほど)と破格の安さでしたが、ご近所で同時期に購入なされた新築一軒家のお父さんのお話では4,000万円だったとのこと。

価値観は人それぞれですが、現実的に駅近で安くと考えるならマンションが優位だと思います。

②災害リスクの問題

近年の世界や日本列島を取り巻く災害は深刻な問題だと思いませんか?

とりわけ日本は地震大国であり、地震に強い必要があること、また台風や竜巻も深刻な災害リスクとしてあげられます。

東日本大震災のとき住宅ローンを組んでわずか2年で家が倒壊し、無念のお気持ちである方のニュースを見た記憶があったので、持ち家を購入するにあたり地震のことも考えてマンションの購入をしました。

日本は木造建築が基本のため、地震による倒壊、傾斜のリスクは耐震基準を満たした物件であっても、想定外の大規模地震が起きると一軒家のほうがリスクが高いと感じました。

また、台風のリスクも心配な面があります。

特にわたしが住む我孫子駅北口側はもともと湿地帯であり、土地が低い傾向がありましたので台風や大雨による大洪水があったときの床上浸水や電柱・木の倒壊などによる外壁の崩壊リスクを考慮してもRC鉄骨のマンションのほうが災害に強いと判断しました。

③賃貸としての機動性

人生はいつ、何が起こるかわかりません。

正直10年前に我孫子でマンションを購入し子育てをしているとは思ってもいませんでした。

ですから、これから先のこともどうなるかなんてわからないわけです。

転勤や転職、子どもの進学、親の介護など不確定要素なことはたくさんあります。

もし、想定外のことが起きたときに機動性が活かせるのは間違いなくマンションです。

そんなとき、賃貸として物件を貸し出しやすいことはマンションの魅力のひとつです。

わたしが購入した部屋も以前はオーナーである老夫婦の方が家賃12万円で別の人に貸し出していたそうです。

④機密性が高いため快適に暮らせる

最近の新築一軒家の住宅でも機密性は高くなっているため、この点はマンションと比較しても大差はないかもしれません。

しかし、中古の一軒家を購入するとなると昔の住宅は機密性が低いため、夏は暑く冬は寒いということになりかねません。

何せわたしの実家がそうですから(笑)

省エネルギーで室内の温度を快適に保つ」ためには機密性の高い住宅が必須です。

⑤庭のお手入れが不要なこと

一軒家の魅力のひとつとして庭を自由に扱えることがあると思います。

しかし、その一方で雑草や虫対策なども必要になると思います。

その点、マンションは庭の概念がないためそもそも庭の手入れの必要がありません。

また、ゴミ出しも自宅から遠すぎず近すぎず無理のない範囲にゴミ置場があればよいですが、そうでなければ面倒ですよね。

その点、マンションの場合、1階出入り口の近くにある場合が多いですから楽です。

一軒家のほうが羨ましい本音もある

マンションの良さをお伝えしてきましたが、一軒家のほうが羨ましい本音もあるのは事実です。

わたしが一軒家が羨ましいと思うことは以下になります。

①庭でプールができること

夏の暑さの中、気軽に庭でプールができるのは子どもにとって嬉しいものです。

我が家はプールができないので近所の一軒家のお友達のお宅へ行き一緒に遊ばせていただいています。

②管理費や修繕積立金がないこと

マンションは毎月の住宅ローンに加え、管理費と修繕積立金の支払いがあります。

住宅ローンを早く返済したいものの、管理費と修繕積立金の支払いも毎月かかるため無理な返済はできません。

一軒家でも築30年後くらいには何かしらリフォームが必要になるとは思うので、結局のところ同じかもしれませんが、やはり毎月3万円近い支払いは負担になります。

③運営管理に関する会議がないこと

マンションは管理組合や理事会、総会など様々な話し合いの場があります。

みんなで集めた管理費と修繕積立金でマンションを維持するわけですから当然なのですが、正直面倒臭いです。

いろいろな人が住み価値観も様々ですから、まとまるまでに時間を要することもしばしばです。

まとめ

いかがでしたか?

マンションも一軒家もそれぞれの良さがあり、購入される方の価値観があると思います。

ひとつだけ言えることは、住宅ローン返済は例えるなら長距離走です。

夢が膨らみ無理なローンを組んでしまうと、子どもが成長し高校生や大学生になったときに返済が苦しくなることはよくあることです。

いずれにしても無理なく購入するのが賢明かなとあびパパは思います。

マンションを購入した5つの理由

POINT

① 駅近の物件価格で優位性があること
②災害によるリスクを下げられること
③賃貸として貸せる可能性が高いこと
④機密性が高く快適に暮らせること
⑤庭の手入れが不要なこと

人生100年時代を生き抜くためには家計における3大支出の見直しが必須

どーも、あびパパです。

消費税10%や上がり続ける物価に対して、家計管理が必須のあびパパ家です。

一般的に人生の3大資金と言われるのは、マイホーム・教育資金・老後資金です。

あびパパ家は中古マンションを購入しているため、住宅ローンを支払いつつ教育資金と老後資金を捻出しなければなりません。

そのお金を捻出するために、考えたいのは家計における3大支出を見直すこと。

人生100年時代を生き抜くには必須です。

家計の3大支出の見直し①住宅ローン

家は資産になるが将来の売却は難しい

人生最大の買い物と呼ばれるマイホーム。

住む地域により、価格差も大きいのが実情です。

購入する前提として頭に置きたいのは、今後の日本は著しく人口が減少していくということ。

2019年現在も空き家問題がニュースに取り上げられるほどですが、今後はさらに深刻化していきます。

余程の好立地・好条件でないかぎり購入後、他人に売れることはないと思っておくことが無難です。

好立地・好条件ならのちに売れる可能性は高いですが、そもそも購入価格が高いです。

中古物件をリフォームするのが賢い選択

地方在住で、土地の取得が1,000万円未満で可能であれば新築一軒家でよいと思いますが、都心に住むのであれば中古マンション等をおすすめします。

新築は憧れますが、例えば3,000万円で購入した物件も住み始めた直後には立派な中古物件になり売却価格が半分の1,500万円になるのもザラです(泣)

中古物件を購入し、お金に余裕が出てきたときに少しずつ好きなようにリフォームしていくのがよいと思います。

あびパパは中古マンションを購入後、すぐにお風呂の給湯器、キッチンのガスコンロとレンジフードをリフォーム。

購入から3年後にお風呂のリフォームをしました。

お風呂は値段が高いリフォームですが、リフォーム会社4社から見積もりをとり値引き交渉したおかげで相場よりも安く行うことができました。

少しずつ我が家が新築に近づいていくのは嬉しいものです。

可能な限り、住宅にかかる費用を抑えることで、子どもの教育資金や老後資金にゆとりが持てるようになります。

すでに住宅ローンを支払っている場合

すでに住宅ローンを支払っている場合には、借り換えを検討しましょう。

住宅ローン金利の借り換えを実行すべき人は次の3つに当てはまる方です。

◯住宅ローン残高が1,000万円以上ある
◯現在よりも金利差が1%以上になる
◯住宅ローン返済期間が10年以上ある

あびパパは住宅ローンを当初、超長期固定金利30年・金利2.1%で借りましたが、その後、超低金利時代に突入したため、借り換えを行い現在の金利は0.35%です。

住宅ローン減税制度により年末における住宅ローン残高の1%が戻ってきます。

実質ローンを組んでいるのにもかかわらず、0.65%プラスになってお金が戻ってくるのでお得な状況です。

変動金利0%代で借りている人は、借り換えはせず将来の金利上昇に備えて繰り上げ返済のための資金を貯めていきましょう。

家計の3大支出の見直し②マイカ


車は便利ですが、わたしはマイカーを所有していません。

わたしも妻も会社は電車通勤です。

車を利用するとすれば週末のみ。

ですので、"金食い虫"の車は所有せず、レンタカーやカーシェアを利用しコストを抑えています。

車は車体で200万円前後かかる上、車検・自動車税・保険・ガソリン代など多くの支出を伴います。

地方在住で車は必須ということでなければ、レンタカーやカーシェアを上手に利用することをおすすめします。

車を持たないだけで年間数十万円の支出が変わります。

その浮いたお金を貯金して教育資金や老後資金に隔てる。あるいは、旅行にでかけるなど家族で楽しむためのものにしたいですね。

家計の3大支出の見直し③保険


不必要な保険に加入していませんか?

保険は万が一のために備えるものですが、遺族年金や高額療養費など日本には充実した制度もあります。

すでに保険に加入している方で医療保険のような貯蓄性のないものは見直してもよいかもしれません。

病院はベット数に限りがあるため、超高齢化社会のこれからは若い世帯で長期入院するケースは本当に稀です。

あびパパは貯蓄性のある低解約型終身保険がん保険のみ加入しています。

貯蓄性のある終身保険は低金利時代の現在では、保険料の値上げなどがあり魅力がだいぶ薄れている保険です。

例えば、専業主婦の妻・子どものために死亡保障を確保したい場合は、保険料が安くて大きな保障がとれる定期保険の選択もあります。

保険は必要な保障のみ加入し、貯蓄は変動国債10年やNISAなどを活用して増やしていくことをおすすめします。

最後に

いかがでしたか?

わたしはお金が最もかかるタイミングは子どもが高校生や大学生のときだと思っています。

このときに貯蓄がない、あるいは住宅ローンの返済の見通しがつかないとなると厳しい老後になることでしょう。

老齢基礎年金の受給開始が70歳に引き下げられるのも時間の問題ですから、できるだけ早いうちに対策を練るのが大切です。

家や車のような『モノ』ではなく人生を豊かに過ごせる『時間』にお金は使いたいものですね。

ごっこ遊びをする2つのメリットと親子でできるごっこ遊び4つのコツとは!

どーも、あびパパです。

子どもって「 ◯◯ごっこ遊び」が好きですよね。

わたしの3歳の長女も最近ではプリキュアのキャラクターになりきったり、アナと雪の女王のエルサになりきって遊んだりしています。

また、お店の店員さんごっこもよくしています。

この「ごっこ遊び」ってただの遊びだと思っていませんか?

実は子どもはごっこ遊びで社会性を学んでいるんです。

この記事では、ごっこ遊びをする2つのメリットと親子でできるごっこ遊び4つのコツをご紹介したいと思います。

年代別によるごっこ遊びの違いについて


まずは年代別によるごっこ遊びを理解しましょう。

1・2歳は見立て遊び、ふり遊び

1・2歳は想像する力、見立てる力を育む時期です。

積み木を携帯電話に見立てて耳に当てたり、ブロックをごちそうに見立て食べるふりをしたりします。

見立て遊びやふり遊びはごっこ遊びの原型です。

2・3歳はなりきり遊び、ごっこ遊び

2・3歳はイメージを膨らませて、言葉でやりとりする力を育む時期です。

エプロンをつけて店員さんになりきったり、人形を赤ちゃんに見立ててお世話をしたり、非日常の空間をイメージして、ごっこ遊びをします。

親子の関わりとしてもとても大切な時期です。

4・5・6歳は集団でのごっこ遊び

4・5・6歳は相手の気持ちに気づき、考える力を育む時期です。

大人のサポートを受けながら、複数の友だちと同じ世界の中で遊んだり、お母さん、お父さん、子どもなどの役割を演じたりしながら、子どもたち同士でコミュニケーションができるようになります。

ごっこ遊びをする2つのメリット

①友だちと上手に関わる力やルールを学べる

「赤信号は止まる」「順番を守る」など世の中のルールやマナーがあるのは、知らない人同士が気持ちよく関わるための知恵です。

そして、子どもにとってごっこ遊びが大切なのは、遊びながら世の中のルールやマナーが自然と身についたり、友だちと上手に関われたりする社会性が育まれるからです。

②将来につながるバランス感覚を育める

社会生活で知らない人同士がうまく関わるには、適度な親密さも必要です。

例えば、店員さんがなれなれしい態度で話しかけてきたら違和感を持ちませんか?でも、逆にニコリともせず対応されたら「感じ悪い」と思うのではないでしょうか。

実は、ごっこ遊びでは、この「ルール半分・親しさ半分」という、身につけるのが難しいとされる、人と関わるときに大切なバランス感覚を育むこともできるんです。

親子でできるごっこ遊び4つのコツ

❶子どもの誘いにノリノリで応じる

子どもが刀で「えい!」とやってきたとき、「痛いじゃないの!」と言っては、いつまでたってもごっこ遊びはできません。

子どもが仕掛けてきたときには、心に余裕を持ってノリノリで応えてあげましょう。

❷設定やアイテムチェンジで遊びを広げる

例えば、お買い物のごっこ遊びでも、いつも同じ設定では飽きてしまうため、スーパーマーケット、コンビニ、本屋さん、遠くのデパートなどいろいろ設定を変えてみましょう。

商品も、新しいアイテムを投入すると、遊びが広がったり、やりとりの言葉が増えたりします。

❸役割を交替する楽しさを伝える

ごっこ遊びはみんながごっこの役割を入れ替われるというところが面白く、いろいろな役割を体験することが社会性を高めることにもつながります。

子どもは好きな役を何回もやりたがりますが、たまには親子で役割を交替して、違う役割の楽しさを伝えましょう。

❹日常と非日常の区別をきちんとする

ごっこ遊びはある定められた時間・空間で成り立つものです。ごっこ遊びの世界と日常の世界の境目が曖昧になっては、ごっこ遊び自体もうまくいきません。

日常のご飯の時間になったら、「もう終わったよ」と区切りを教えていくことも大切です。

まとめ


いかがでしたか?

ごっこ遊びを親子や子ども同士で楽しむことで、社会性が身につくのは嬉しいですよね。

一見、おままごとは女の子がするものと思いがちですが、子どもにとってはおままごとも、戦隊ごっこも、お医者さんごっこも、非日常の空間をつくって遊ぶごっこ遊びであり、男の子も好きなものです。

性差にこだわらず見守ってあげましょう。

ごっこ遊びをする2つのメリット

POINT

①友だちと上手に関わる力やルールを学べる
② 将来につながるバランス感覚を育める

親子でできるごっこ遊び4つのコツ

POINT

❶子どもの誘いにノリノリで応じる
❷設定やアイテムチェンジで遊びを広げる
❸役割を交替する楽しさを伝える
❹日常と非日常の区別をきちんとする

文武両道に励む進学校から子育てのヒントを学ぶ!どうして勉強もスポーツもできるの?

どーも、あびパパです。

子どもが元気に何かを学ぶことや身体を動かすことが楽しいと思い日々を送って欲しいと思いませんか?

わたしの長女はまだ3歳なので、いまのところ好奇心の塊です。

「これは何?」

「ねぇ、どうして?」

など、知りたい気持ちがたくさんあります。

また、保育園の帰りや休みの日も公園で身体を動かしたくてたまりません。

わたしは将来、子どもに勉強だけ・・・スポーツだけ・・・になって欲しくはなく文武両道に励んで欲しいと思っています。

なぜなら、

人生において「頭で学ぶこと」も「身体で学ぶこと」も両方ともに大切だと感じているからです。

この記事では、文武両道に励む進学校から子育てのヒントを学ぶ!と題します。

なぜ、彼ら(彼女ら)は勉強もスポーツも両立できるのでしょうか。

勉強が好きになる2つの理由


そもそも文武両道の前に、なぜ偏差値60〜70もある学校へ合格できるのでしょうか。

もちろん、勉強をたくさんしているからに他なりませんが、どうしてそんなやる気が出てくるのかということ。

わたしはその理由として2つのパターンが挙げられると思っています。

幼児期からの学びの習慣化によるもの

冒頭にわたしの長女は"好奇心の塊"と言いましたが、これってうちの子が特別ではなく子どもって大概そういうものですよね。

過去の経験が少ないわけですから、見るもの知るものすべてが新しい体験です。

だから、楽しい!

この感覚を小学生以降も継続できるかがポイントです。

つまり、「勉強しなくてはならない」とか「宿題をやらなくてはならない」という感覚ではなく、"できるようになりたい!もっと知りたい!"と思うことが大切。

ですから、親から「宿題やったの!?」と罵声が飛び交う状況であってはならないのです。

親がこの言葉を使うと、叱られるから宿題をするというマインドになりかねません。

学ぶことは親のためにするものではなく自分のためにするもの。

まずは自分の好きな教科や得意な教科、逆に苦手な教科を把握すること。

学ぶ習慣化がされていないお子様なら、好きな教科を宿題とは関係なく15分くらい勉強したあとに宿題にとりかかることです。

学ぶ習慣を身につけるのには好きなことから取り組むことがなにより大切です。

学ぶための動機がある

学ぶための動機とは、将来こんなことがやりたいという目標や夢があるということ。

例えば、将来の仕事として薬剤師になりたい!とか学校の先生になりたい!など。

あるいは、地元にある進学校の野球部で甲子園を目指したい!などです。

大人もそうですが目標があると頑張れます。

この強い動機付けを持たすことができるかも大事な要素です。

ちなみに「うちの子は勉強さっぱりだけど、野球は好きで将来プロ野球選手になりたいとは言うんだよね。」っていう場合は、有名選手を引き合いに出し、勉強の大切さも伝えましょう。

大谷翔平選手は毎日、読書をかかさないんだって!ホームラン打てるようになるには、どういうトレーニングをしたらよいのかも研究しているんだって。」など子どもの動機付けを一緒に探しましょう。

そして、親も読書するなど学ぶ姿を見せましょう。

文武両道に励む子どもは何が違う?


文武両道に励む進学校の生徒は何が違うのでしょうか。

それは、思考力・集中力が高いということ。

思考力は前途したように幼児期からの学ぶ習慣が大きいことがひとつ。

それに加えて、親の接し方が大切です。

こうした力を育むには、子どもによく見られる「なんで?どうして?」に親が答えを出すばかりでなく、本人に「なんでだろうね?」と考えさせる受け応えを示すことも大切だと思います。

また、文武両道に励む子どもは集中力が高いことも特徴です。

わたしは高校野球が好きなのですが、毎年考えさせられることがあります。

現在、甲子園に出場する多くの学校は私立の常連校です。

中学から野球で名のある選手がある程度集められて常連校に入部するので強いのもうなづけます。

しかし、毎年1〜2校は公立の文武両道を掲げる進学校が甲子園に出てきます。

彼らはほぼ地元の生徒であり、平日の練習時間は2〜3時間と甲子園常連校の半分ほどの時間にすぎません。

こうした進学校のチームの共通点が思考力と集中力にあります。

どう効率よく練習するのか、監督の伝えたいことはどういうことなのかを考えながら集中して取り組むことができるからこそ短い時間の中でも結果が出せるのです。

運動好きになるには外遊びが大切


幼児期は身体を動かすことが大好きです。

ちょろちょろ動き回ったり、音楽が流れれば創作ダンスをしてみたり。

余程、危険な状況や他人に迷惑がかかる状況でなければ制限せず自由にさせるのがよいです。

特に男の子は上記理由がない限り、干渉しすぎず見守るべきです。

「必ずしも偏差値が高い学校=頭がよい」ではありません。

生きる力という意味でも頭がよい子(地頭がよい子)は幼少期に外遊びをよくしていた子どもだとも言われています。

外遊びは五感をフル活動させています。

遊びの中で脳がフル活動しているんですね。

増して、子どもが楽しいと思えるのであればこれほどよい教材はありません。

もし、親が子どもに運動のことで意識するのであれば3〜8歳くらいの間はバランス感覚や俊敏性を養うこと。

この月齢は神経系がもっとも発達する期間ですのでいろいろな動きを取り入れることが大切です。

屋内ならマット運動や跳び箱、水泳など。
屋外ならアスレチックやジャングルジム、自転車などです。

勉強と同じく幼児期のころに身体を動かすことは楽しいことと感じることが何より大切です。

公園での待ち時間は親にとって大変ではありますが、子どもの脳を育むために必要なことと認識することで気持ちが楽になると思います。

最後に

いかがでしたか?

文武両道に励むためには幼児期からの取り組みがとても大切です。

また、

早寝早起きの習慣が大切であり勉強ができる子どもは夜ではなく早起きして早朝に取り組んでいるということも頭に入れておきたいものです。

朝は集中力が1番高いので短い時間でも効率的に学べるメリットがあります。

そのためにも、だらだらと夜遅くまでテレビを見ない。

ゲームをするなら時間を決めるなどのルール作りも大切になってきますね。

すべては親の心がけによる生活習慣から繋がるのかもしれませんね。

教えて子どもの朝食!添加物を避けた子どもに人気の朝食メニュー5つ

どーも、あびパパです。

朝食はパンばかりの長女(3歳)。

ウインナーなどの加工食品は喜んで食べるものの特に注意が必要な添加物(亜硝酸塩)が含まれているため親としてはあまり食べさせたくないのが本音です。

お米を中心とした朝食に切り替えたいところですが、食べてくれなければ元も子もないため、パン食の中でも、タンパク質がとれるメニューを心がけるようにしました。

この記事では、我が家の添加物を避けた子どもに人気の朝食メニュー5つをご紹介します。

①キャロット入りパンケーキ

材料/分量:大人2人 子供1人

ホットケーキミックス 1袋
にんじん 1本
牛乳 150g
2個
メープルシロップ 25g
バター 3g

作り方

  1. 鍋にカットしたにんじんと牛乳を入れて茹で、やわらかくなったらミキサーに移して回し、ピューレ状にする。
  2. ホットケーキミックス粉と1.(ホットケーキミックスの箱に記載されている「牛乳の分量」と同量)を混ぜる。
  3. 熱したフライパンに油(分量外)をひき、お玉などで2.を落とすように注ぎ、両面を焼く。
  4. 焼きあがったらお皿に盛りつけ、メープルシロップとバターをかけて完成。

②鶏そぼろ丼 on 温玉

材料/分量:大人2人

【鶏そぼろ】

鶏ひき肉 350g
大さじ1
砂糖 大さじ1
醤油 大さじ1/2
片栗粉 大さじ1
大さじ1

【盛りつけ】

ご飯 2杯
めんつゆ(3倍濃縮) 1人大さじ2
2個
のり 適量

作り方

  1. フライパンに鶏ひき肉、酒、砂糖、醤油を入れて、菜箸などでよく混ぜてから火をつけて、中火で加熱して混ぜながら火を通す。
  2. そぼろに火が通ったら一旦火を止めて、水溶き片栗粉を混ぜてから入れて、再び火をつけて全体を混ぜツヤッとしたら出来あがり。
  3. 温泉卵メーカー(ダイソーで購入)を使い、玉子とお水を入れて、玉子に爪ようじなどで穴を空けて、レンジで温める。(500wで約50秒)
  4. 器に温かいご飯をよそい、めんつゆを回しかけ、そぼろを乗せたら真ん中を凹ませて温玉を乗せ、のりをちぎって乗せて完成。

③フレンチトースト

材料/分量:大人2人 子供2人

食パン 4枚
★牛乳 500cc
★卵 4個
★砂糖 大さじ2〜4杯
メイプルシロップ お好みで
シナモンパウダー お好みで
ホイップクリーム お好みで

作り方

  1. ★の材料を深めのバットに入れてよくかき混ぜる。
  2. 対角線上に斜めに切った食パンを1.に浸す。浸し足りない場合は牛乳を適宜足す。※可能なら冷蔵庫で一晩置く。
  3. フライパンを中火でよく熱したら濡れ布巾などの上に置き、少し冷ます。
  4. フライパンを再び火にかけ、よく浸した2.を弱火で焼く。両面焼き色がついたら完成。

④卵かけ & 納豆ご飯

材料/分量:大人2人 子供1人

説明するまでもありませんが・・・

ご飯 3杯
3個
納豆 3個
醤油 適宜

作り方

  1. お茶碗にご飯を盛り付ける。
  2. 卵と醤油を混ぜ合わせる。
  3. ご飯に2.をかける。
  4. 続けて納豆をかけ、お好みでかき混ぜる。

⑤おにぎり&スクランブルエッグ

材料/分量:大人2人 子供1人

3個
牛乳 大さじ1
少々
バター(無塩) 15g

作り方

※フライパンはテフロン加工のものがおすすめ

  1. ボウルに卵と牛乳、塩を入れたら、泡立て器でよく溶きほぐします。卵黄と卵白をしっかり混ぜ合わせることで、色のキレイなスクランブルエッグになります。
  2. 中火で熱したフライパンにバターを入れて溶かします。
  3. 弱火〜弱めの中火にし、1.の卵液をフライパンに流し入れます。しばらくすると、卵の底が薄く固まってくるので、ヘラなどで底からすくい上げるように優しく返しながら混ぜます。火加減が強いと卵がすぐに固まってしまいます。じんわりゆっくり火を入れるような気持ちで加熱してください。再度底が固まってきたら、同じようにヘラで返しながら混ぜます。少し時間はかかりますが、この作業を何回も繰り返すことで、ふわとろ食感のスクランブルエッグに変化します。
  4. 卵が半熟かつ、まとまりが出てきたら火を止めて完成。

その他の副菜等を手軽に加える

上記5点の主食に以下の食品をプラスしています。

  • しらす
  • 旬の果物
  • バナナ
  • ヨーグルト
  • 牛乳
  • 豆乳
  • きな粉

etc...

最後に


いかがでしたか?

まだ生野菜を好んで食べる月齢でもないので、もう少し大きくなるにつれ朝食にプラスできたらなと思っています。

保健師の人に、『昼食と夕食はご飯を食べるのですが、朝食はパンばかりなのでどうなんでしょうか?』と尋ねたところ、『1日のバランスが大切で、全食パンなわけではないので大丈夫ですよ。』と言われました。

その中でも、タンパク質を加えることが大切なんだそうです。

我が子は、夜は味噌汁を食べるのですが朝は食べません。

もし、朝から味噌汁が食べられるお子様でしたら、豆腐やきのこ、海藻類が入ったお味噌汁を朝食に加えると栄養満点ですね。

1番まずいのは朝食を食べないこと。

睡眠と食事は成長に欠かせませんので、子どもが美味しく楽しく朝食を食べられるようにしたいですね。

食への興味を持たすためには子どもにちょっとしたお手伝いをしてもらうのも効果的なんだそうです。

ぜひ、お試ししてみてはいかがでしょうか。

はたらく細胞に3歳6か月の娘が夢中!将来は薬剤師になるつもり!?理系脳への近道!?はたらく細胞を見る3つのメリット

どーも、あびパパです。

みなさん、『はたらく細胞』という漫画・テレビアニメをご存知でしょうか?

わたしが人体(肝臓のはたらきなど)について興味があり、『はたらく細胞』というテレビアニメを見ていたところ、なぜか3歳6か月の長女もどっぷりはまってしまったのです(笑)

この記事では、『はたらく細胞』を見ることで子どもが将来得られる可能性が高いメリットを紹介したいと思います。

はたらく細胞とは


animate Timesより画像引用

はたらく細胞』とは、月刊少年シリウスで連載中の清水茜さんによる細胞擬人化漫画です。

単行本は2018年12月現在5巻までリリースされています。

細菌やウイルスが入ってきたり、常在菌が暴れ出したり、がん細胞が発生したりもするけれど、体の中の細胞達は今日も元気にみんながんばっています、という日常漫画。

身体の仕組みをわかりやすく楽しんで学べること、また登場するキャラクターの個性が豊かであることが支持されている理由です。

2018年の夏にはテレビアニメ化されたこともあり、さらに人気が広まりました。

はたらく細胞を見るメリット

からだのことを知るきっかけになる

子どもより長く生きてきているパパやママでも意外と自分のからだの仕組みってよくわかってないという方も多いのではないでしょうか。

大人になると趣味思考がすでにはっきりしていますが、子どもは好奇心が旺盛なのできっかけひとつで何が好きになるかわかりません。

わたしの長女も、はじめから人のからだのしくみに興味があったわけではなく、はたらく細胞に出てくるアニメのキャラクターに興味を持ったからこそ。

『"血小板ちゃん"かわいいねー』とか『"白血球さん"強いねー』など言いながら、はじめは見ていました。

一緒にアニメを見ていると、子ども特有の『なんで?』の質問がきます。

このタイミングで、『◯◯は◯◯だからだよー』と話しているおかげで、長女はどんどん内容をインプットしています。

例えばアニメの最中に、赤血球のはたらきについての説明などが画面上に出てきますので、それを見ればその場で親も答えられますのでご安心ください。

プレゴールデンエイジと呼ばれる3〜8歳の時期は、スポンジのように脳が吸収していくので覚える力は半端じゃないです。

『"マクロファージさん"キレイなのに敵をやっつけちゃうよねー』と言ってきたときには、さすがに驚きました。

マクロファージって(笑)

【マクロファージ とは】
動物の組織内に分布する大形のアメーバ状細胞。生体内に侵入した細菌などの異物を捕らえて細胞内で消化するとともに,それらの異物に抵抗するための免疫情報をリンパ球に伝える。大食細胞。貪食細胞。

weblio辞書から引用

理科が好きになるきっかけになり得る

あびパパは学生のころ理科の成績はさっぱりでした(笑)

理科は科目として大きく分けると、生物・物理・化学・地学に分けられます。

はたらく細胞を好きになることで、生物が身近なものになります。

この生物が身近になることが、最大のメリットです。

理科の授業も小学生のときは実験なども楽しいものでしたが、中学・高校と進むと難しいものに変わっていきますよね。(わたしだけ?)

まず、生物は好き!得意!となることで理科に対しての免疫がつくことが大きいです。

物理や化学に比べると生物は暗記・記憶系なので幼少期から好きであれば一生ものになり得ると思います。

理系分野の道に進む可能性が出てくる

わたしたちの子どもが高校生になるころは、授業のカリキュラムもどのように変化しているかはわかりません。

しかし、現状だとだいたい高校1年生のときに、みんな生物の授業を受けます。

そして、高校2年生になるといわゆる文系・理系の選択があります。

文系の場合、主に『生物と化学』を選択、理系の場合で工学部志望なら『物理と化学』、工学部以外なら『物理と化学または生物と化学』を選択するのが一般的です。

物理は暗記ものが少なく、数学の要素が圧倒的に強いです。

理解するまでに時間はかかるものの、一度理解できるとテストでも安定して点数が取れるようになります。

逆にわたしのような物理はさっぱりという場合、まったく理解できません。

はたらく細胞のテレビアニメで生物に免疫を作り、幼少期から算数が苦手にならないようにすることで理系への道が拓ける可能性があると思います。

はたらく細胞を見るデメリット

はたらく細胞では、白血球さんが細菌やウイルスをやっつける場面が多くでてきます。

ナイフで引き裂いたり、噛みついたりするシーンもありなかなかグロテスクです。

わかりやすい描写のおかげで理解しやすいのですが、幼少期の子どもの目に映る脳への影響は未知数です。

【白血球とは】
血液中を流れる細胞の一種。顆粒球、リンパ球、単球に分類される。顆粒球の一種である好中球と単球は細菌、異物などを自体内に取込み、酵素によって消化する。リンパ球はこれらを異物として認識し、排除する働きをする。すなわち白血球は生体の防衛をしている。

weblio辞書から引用

まとめ


いかがでしたか?

はたらく細胞は自分のからだの中で日々起こっている出来事を擬人化して表しているのでとてもわかりやすく面白いです。

子どもは楽しみながら生物の知識を結果として得ている状況です。

はたらく細胞を見るメリット

POINT

◉からだのことを知るきっかけになる
◉理科が好きになるきっかけになり得る
◉理系分野の道に進む可能性が出てくる

生物をきっかけに理科好きになることで、物理は苦手でも『生物と化学』の選択で、農学部や化学部・薬学部への進学の可能性が広がります。

そして、食品メーカーや化粧品メーカー、薬剤師などの専門職への可能性が広がるかもしれませんね。

子どもの集中力が身につくために親ができる6つのこと

どーも、あびパパです。

子どもの集中力について悩むことはありませんか?

わたしの長女は3歳ですが、食事中に立ち上がり、おもちゃを持ってきたりするときがあるため子どもの集中力について考えさせられます。

いったい集中力はどう身につくのだろう・・・

偏差値70近くもある学校に入り、しかも部活もしているような高校生などは何が違うのかなと疑問にすら感じます。

しかし、そこにはやはり集中力の違いがあるようです。

この記事では、子どもの集中力が身につくために親ができる6つのことをご紹介したいと思います。

子どもの特性を理解すること

まず始めに子どもの特性を理解することが大事です。

そもそも、子どもの集中できる時間は短いです。

幼児期だと「年齢+1分」、4歳ならたったの5分間。

小学生はいろいろな見方があるようですが、おおむね「学年×10分(よくて+10分)」、つまり、1年生ならよくて20分間とのこと。

親の心がまえの前提として、子どもは長い時間は勉強できないものとしてとらえること。

ですから、「もっと集中して勉強しなさい!」などと怒ることのないようにしましょう。

早寝早起きの習慣を身につけさせること


子どもの脳の発達に欠かせないのが睡眠です。

昔から「寝る子は育つ」なんて言葉があるくらい大切なことは言うまでもありません。

睡眠時間に加えて早寝早起きする習慣を作ることも大切になります。

人間も動物ですから、脳が活発になる時間帯というものがあります。

脳科学的に、その時間帯とは起床してから4時間の間や夕方から夕食にかけての時間だそうです。

確かに昼食後はお腹いっぱいになり眠くなるためパフォーマンスは下がりますよね。

子どもも同じく早寝早起きで十分な睡眠時間を取り、まず朝に何かを学ぶことをおすすめします。

個人的に小学生の子どもなどにおすすめなのは算数などの計算問題。

頭が冴えている起床後にするとよいでしょう。

このとき寝ぼけているようでは睡眠が足りていないことになります。

読書などの記憶系は寝ている間に定着しますので夜でもよいかもしれませんね。

「十分な睡眠」と「朝の学習習慣」により、子どもの集中力が高まります。

集中できる環境作りを意識すること


集中できる環境作りとは、学ぶための態勢を整えるということ。

昨今の日本の気候は夏は暑すぎ、冬は寒すぎますよね。

そのため集中して何かを学ぶためにも、室温調整が重要なものになります。

快適な室温は一般的に22〜23度。

湿度は50〜60%になります。

また、「おもちゃ」が目につく。

「テレビがついている」など集中が阻害されることがないように気をつけましょう。

その意味でも夜よりも朝のほうが勉強効率はよいと思います。

夜はテレビにインターネット、マンガ、遅寝の習慣による夜食など誘惑がありすぎます(笑)

勉強モードに入るルーティンを作ること

スポーツ選手ならよく取り入れているルーティンというものがありますね。

いわゆる自分の中の決めごとのこと。

朝から学ぶと言っても、難しい問題ではストレスになりますし、子どもも勉強嫌いになるでしょう。

まずはルーティンとして毎日、簡単な問題を5分、あるいは算数の計算問題なら10問くらい解いてから次のステップに入ること。

そして、子どもはちょっとがんばればできるくらいの問題が丁度よいので、そういった課題を毎日おこなうとよいでしょう。

子どもは簡単すぎることを永遠やっていると適当になってきますし、難しすぎるとやりたがりません(笑)

ですから、

問題の質と量を軽いものから始め、
習慣形成ができてきたら、「少し時間を伸ばす」、「質と量を高くする」などと変えていきましょう。

その日、「取り組む問題・時間を明確にすること」も大切になります。

ちなみに親として「子どもの取り組む姿勢を褒めること」や、シール表を作り、「できたシールを貼る」など子どものやる気を引き出してあげましょう。

小さい子であれば「はなまる」も嬉しいと思いますよ。

ゲームは時間のルールを作ること

親として、ゲームやYOU TUBEなどスマホが子どもの大敵になっていませんか?

わたしも、子どもが成長するにつれ、これらとどう付き合っていくかを懸念しているところです。

やはり大切なのはルール作りによる習慣化だと思います。

例えば、「1日30分だけOK」などです。

前途したように早寝早起きの習慣はとても大切です。

そのためにも、ゲームやテレビなどは時間厳守という習慣づけが大事です。

逆に強制的に取り払ってしまうと、子どもは隠れてやるようになったり、勉強していても頭の中はゲームのことでいっぱいだったりしかねません。

一番怖いのは思春期で爆発すること。

ゲームやテレビを見ずに一生懸命に中学お受験を頑張っていた子が、中学受験合格後にスマホを持った途端、すっかりスマホゲームにはまってしまい勉強が手につかなくなる事例がよくあるそうです。

燃え尽き症候群もあるのでしょうが、大半は男の子だそうです。

このような点からも、小さいころからルールを作りゲームやスマホと上手につきあっていくのがよいのかなと思います。

運動の習慣も身につけさせること


もうひとつ集中力が身につくのによい習慣が運動をすることです。

運動と言っても、小学生くらいまでの幼少期は外遊びをたくさんすることが望ましいです。

外遊びは集中力だけでなく、創造性や社会性の強化、精神状態の改善、ストレス発散など子どもにとってさまざまな効果があります。

幼児期に「親が遊びよりも勉強が大事と勘違い」することがないよう気をつけたいところです。

なぜなら、子どもは遊びの中で脳をフル回転させているからです。

小さいうちならば砂遊び、そして、年長さんくらいになってきたらアスレチックやジャングルジムなど身体全体を使った遊びを楽しめるようにしましょう。

子どもが3歳を超えているのにもかかわらず、ベビーカーや抱っこばかりということがないよう歩くことを習慣づけるように意識してくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

最後になりますが、親も学ぶ姿勢を示すことはなによりも子どもの模範になります。

そもそも、親がテレビやスマホばっかり見てる家庭は子どもも勉強しません(笑)

「遊び・勉強・運動」のバランスを取り、それぞれに集中できる子どもになれるよう親もメリハリをつけた生活を心がけたいですね。

POINT

①子どもの特性を理解すること
②早寝早起きの習慣を身につけさせること
③集中できる環境作りを意識すること
④勉強モードに入るルーティンを作ること
⑤ゲームは時間のルールを作ること
⑥運動の習慣も身につけること